コマツ、社長交代に見える脱カリスマの布陣

名経営者・坂根正弘会長が相談役へ

建設機械大手、コマツの新社長に内定した大橋徹二(=タイトル下写真右=)氏は、英語力抜群の技術者だ。V字回復や経営改革を進めた坂根正弘・前社長(現会長)、野路國夫社長(=タイトル下写真左=)が築いた「コマツウェイ」を引き継ぎ、世界中にアンテナを張り巡らせて、コマツをより強くするための、ビジネスモデル構築を進める。

コマツは1月29日、野路社長(66)が4月1日付で代表権のある会長に就き、後任に大橋専務(58)が就任する人事を発表した。坂根会長(72)はいったん取締役相談役に就き、6月の定時株主総会後に相談役・特別顧問に就任する。

6年ごとの社長交代

コマツでは3代前の片田哲也氏以来、安崎暁氏、坂根正弘氏と6年ごとの社長交代が恒例となっている。今2013年3月期で、現在の中期経営計画が終わることもあり、トップ交代は確実視されていた。

今回のトップ人事で目を引くのは、坂根会長が6月で取締役会のメンバーを外れることだ。

坂根会長(=左写真=)は、大胆な構造改革によってコマツをV字回復に導いた。カリスマといってもいい、日本を代表する名経営者の1人である。「会長に就いた後も経営には口出しせず、取締役会の議長として野路社長をサポートする役割に徹してきた」とコマツ関係者は言うが、コマツの収益をV字回復させた立役者である坂根会長が、取締役会構成メンバーとして、コマツの経営方針にまったく影響力を発揮してこなかった、ということでもないだろう。坂根会長の存在は、コマツにとって大きかったはずだ。

次ページ坂根氏の本音とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT