チマチマした原価改善で顧客は喜ばない

野路國夫・コマツ社長に聞く

中国需要の低迷、鉱山機械の失速――。暗い話題が続き、建設機械業界が勢いを失う中、国内最大手のコマツが次のステージに向け、成長に向けた施策を打ち出している。キーワードは「構造改革」と「イノベーション」だ。野路國夫社長を直撃した。

コマツが抱える問題は政府と同じ

――今のコマツにとっての最重要事項は何ですか。

成長のために、構造改革をやり続けることです。構造改革には、国内で300億~500億円使ってもいいと言っています。電力使用量半減などで生産固定費を落としつつ、開発費をどんどん増やし、イノベーションを起こすような商品を開発する。建機業界で、コマツは米キャタピラーに次ぐトップ級で走っています。トップを走っているメーカーには、イノベーションを起こす責任があると思います。

固定費に関してだけでも、コマツにはさまざまな問題があります。生産固定費を下げなければならない一方で、開発人員は増やさなければいけない。新入社員をどんどん入れ、高齢の社員も65歳まではちゃんと雇わないといけない。年金などたくさんの問題を抱える、政府と一緒です。

ただ、政府と違うのは、われわれはこれらを同時に、いっぺんにやらなければいけないことです。どれも大事で、順番は付けられない。会社が政治家のように「増税の前にやることがある」などと言っていては、社員が疲弊してしまいます。経営者からすると、構造改革と成長戦略を同時にやらなければならないのは明白です。

――国内工場の電力使用量半減を打ち出してから約1年半経ちますが、順調に進んでいますか。

今、アイデアのレベルで電力を40%削減可能なところまで来ました。50%削減しようとするのですから、アイデアのレベルで60%分くらい出さないといけません。50%減らすというのは大変なことです。あと2~3年は取り組みを継続します。

電気料金だけで、20億~30億円の固定費削減効果を見込んでいます。生産改革をする間に生産性も上がるでしょうから、低減できる固定費は100億円は下らないでしょう。

次ページ建機のイノベーションとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。