名作絵本「ねないこだれだ」の意外な真実 子どもの世界はきれいごとだけじゃない

拡大
縮小
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

大人になると、自分もおばけの世界をのぞいていたことなどすっかり忘れてしまって、しつけとしておばけの本を読んだりしてしまう。でも、しつけのために絵本を読まれて、子どもは楽しいでしょうか? 絵本は、大人のためのものではないんです。もちろん一緒に楽しめたほうがいいけれど、絵本はあくまで子どものものですから。

子どもの世界は、時々おばけの世界と交わることがあります。子どもはおばけが「いる」ということを知っていますから、あんなにドキドキできるのです。おばけの本を読んであげているときの、子どもの様子をみれば、すぐにわかります。子どもはすっかりおばけの世界に飛んでいっているのです。

私は子どもの世界をずっと描いてきました。だから、お父さんやお母さんにも、「子どもの世界ってどうなのだろう」と創造力を働かせて、絵本を選んでいただけたらと思うのです。大人には意味がわからなくても、子どもが夢中になっている本があると思います。それはもしかすると、子どもの世界だけが描かれているからかもしれません。

『めがねうさぎ』は、初めてめがねをかけることになったうさぎのお話です。これは私の息子がモデルなのですが、めがねをかけることになったうさぎは、

「ちょっぴりはずかしくて、ちょっぴりとくい」

なのです。

 『めがねうさぎ』表紙の原画とそれに使われた紙。原画:『めがねうさぎ』(ポプラ社)写真提供:『ねないこはわたし』(文藝春秋)

大人からみると、「小さいうちにめがねなんてかわいそう」などと、つい思ってしまうものですが、子どもはそうではないみたい。子どもの世界は大人のそれとは違うのです。

かわいくまとまらない絵本

私の絵本は、シュールだとか、怖いとか言われることもあるのだけど、それは本当に子どもの世界を描いているからです。絵本には、かわいくまとまっているものが多いのですが、「みんななかよし」「あの子もこの子もみんないい子」などということは、本当はないのです。子どもの世界は、けっこう厳しいし、理不尽なことだってたくさん起こる。

嫌いなにんじんを食べなきゃいけなかったり、ぐちゃぐちゃの髪の毛にブラシをかけなきゃならなかったり。いつまでも起きていたいのに、寝なくちゃならないなんて……! それが子どもの世界です。

次ページ子どもが「自分だ」と感じる本をつくりたかった
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT