名作絵本「ねないこだれだ」の意外な真実

子どもの世界はきれいごとだけじゃない

書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

大人になると、自分もおばけの世界をのぞいていたことなどすっかり忘れてしまって、しつけとしておばけの本を読んだりしてしまう。でも、しつけのために絵本を読まれて、子どもは楽しいでしょうか? 絵本は、大人のためのものではないんです。もちろん一緒に楽しめたほうがいいけれど、絵本はあくまで子どものものですから。

子どもの世界は、時々おばけの世界と交わることがあります。子どもはおばけが「いる」ということを知っていますから、あんなにドキドキできるのです。おばけの本を読んであげているときの、子どもの様子をみれば、すぐにわかります。子どもはすっかりおばけの世界に飛んでいっているのです。

私は子どもの世界をずっと描いてきました。だから、お父さんやお母さんにも、「子どもの世界ってどうなのだろう」と創造力を働かせて、絵本を選んでいただけたらと思うのです。大人には意味がわからなくても、子どもが夢中になっている本があると思います。それはもしかすると、子どもの世界だけが描かれているからかもしれません。

『めがねうさぎ』は、初めてめがねをかけることになったうさぎのお話です。これは私の息子がモデルなのですが、めがねをかけることになったうさぎは、

「ちょっぴりはずかしくて、ちょっぴりとくい」

なのです。

 『めがねうさぎ』表紙の原画とそれに使われた紙。原画:『めがねうさぎ』(ポプラ社)写真提供:『ねないこはわたし』(文藝春秋)

大人からみると、「小さいうちにめがねなんてかわいそう」などと、つい思ってしまうものですが、子どもはそうではないみたい。子どもの世界は大人のそれとは違うのです。

かわいくまとまらない絵本

私の絵本は、シュールだとか、怖いとか言われることもあるのだけど、それは本当に子どもの世界を描いているからです。絵本には、かわいくまとまっているものが多いのですが、「みんななかよし」「あの子もこの子もみんないい子」などということは、本当はないのです。子どもの世界は、けっこう厳しいし、理不尽なことだってたくさん起こる。

嫌いなにんじんを食べなきゃいけなかったり、ぐちゃぐちゃの髪の毛にブラシをかけなきゃならなかったり。いつまでも起きていたいのに、寝なくちゃならないなんて……! それが子どもの世界です。

次ページ子どもが「自分だ」と感じる本をつくりたかった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT