いよいよ新たな上昇局面に入った日本株

日経平均だけでは、相場はわからない

日経平均株価は、6日、前日比248円82銭高の1万1932円27銭で引け、年初来高値を更新した。5日の米国NYダウは、1万4255ドルで引け、2007年10月9日以来、約5年5カ月ぶりの高値を更新。日本株もその流れを引き継いだ格好だ。

米国ダウは1万5000ドルを目指す

米国株の展望について、大和証券の成瀬順也・チーフストラテジストは、「米国企業の業績は2012年7~9月期の大底から同年の10~12月期には回復基調に戻っている。また、今後、失業率が急激に低下することになれば、金融緩和の出口が模索されることで株価にはマイナスだが、現状は緩やかな低下にとどまっており、金融緩和が当面続くという安心感も株価を支えている。NYダウは年内に1万5000ドルを目指すことになるだろう」と見ている。

では、気になる日本株についてはどうだろうか。日経平均株価は、すでに2月の時点で2008年9月のリーマンショック後の戻り高値(10年4月の1万1408円、ザラバベース)を抜いていたが、より重要なのはTOPIX(東証株価指数)の動向である。日経平均は一部の値がさ株の指数寄与度が大きく、特に最近ではファーストリテイリングの株価上昇が日経平均の押し上げに貢献しているという側面があった。

次ページTOPIXがリーマン後の高値をつけたことは大きい
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT