50代で出産も!増える「熟年子育て」最前線

年配者だからこそのメリットは

70歳で子ども3人を養子に迎えたホフマン氏に対する友人たちの反応はさまざまだ (写真:Bryan Thomas/The New York Times)

ホフマンは58歳の時、ロシアから3歳半の女の子を養子に迎えた。友人たちの反応はショックから怒りまでさまざまだった。「『その歳で何を考えているのか』という人もいれば、応援してくれた人もいた」

年を取ってからの子育ての大変さを心配する向きもあれば、倫理的な問題を懸念する人もいる。

コネティカット州ハートフォードの看護師、アニー・ウォーショーフスキー・マコーリー(55)とパートナーのシンディは、養子を迎えることを検討している。2人の間には6歳の息子のネイトがおり、マコーリーには元夫との間に成人した4人の子どもがいる。

おばあちゃんと思われないか不安

マコーリーは気力・体力には自信があるものの、一方で不安も感じている。「子どもの卒業式には車椅子で行くことになるのだろうか、それまで生きていられるだろうか、周りの人から(親ではなく)おばあちゃんだと思われるのではないかと思う時がある。心身ともに休まる暇がない」

年を取ってから子どもを持つことの倫理的な問題には医師や弁護士も取り組んでいる。2013年に米生殖医学会は「高齢」女性への卵母細胞や受精卵の提供に関する倫理委員会報告書の見直しを行った。

「母体と胎児の安全に関するデータが不十分なことから、55歳を超える女性に移植する目的でドナーの卵母細胞や受精卵を提供することは、たとえ女性に基礎疾患がなかったとしても、やめるべきである」と、倫理委員会は結論付けた。

55歳を超えると、妊娠中毒症や糖尿病、高血圧といった妊娠の合併症は劇的に増加する。

次ページ年配者が父親になるリスクとは
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中学受験のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • iPhoneの裏技
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。