ルンバはスマートホームの「指揮者」になるか

ロボット掃除機が束ねる次世代IoTとは?

話が少し横道にそれたように思われるかもしれない。しかし、これは重要なポイントだ。アイロボットも決して大企業ではない。自分たちの会社の技術がどのような場面で生かせるのかを熟知している集団だ。だからこそ、大胆な発想ができるのだろう。

と、このような話の結論では、大抵の場合、日本の大家電メーカーの悪口で終わるのが通例だ。両社とも創業者がリーダーシップを取れているからこその行動力とも言える。創業者が残っていない大家電メーカーにはイライラさせられる……という意見はよく聞く。

大企業には大企業の強みがある

しかし、一方で大企業には大企業なりの強みもある。市場リーチの広さやラインアップの多さは重荷でもあると同時に、戦略的に展開してスケールを出せる利点もある。問題はそこではなく、現状をどう認識して、自社の強みをどのように生かしていくのか。

IoT時代には発想と視点の転換が必要ということである。従来よりも視点を高く持たないと、見えてこない部分もある。アイロボットの賭けが実るかどうか、まだコンセプト段階だけに見えない部分もあるが、その考え方と決断する姿勢は評価したい。

「ブラーバ ジェット 240」は8月26日発売予定

最後に、今回の新製品について触れておこう。

新製品「ブラーバ ジェット 240」は床拭きを自動で行うロボット掃除機。10枚セットで1200円という(床拭きに使う)ディスポーザブルパッドには洗剤がしみこませてあるそうで、水を吹き付けてゴシゴシと振動でキレイにする能力は実に高そうだ。

サイズも小さく日本の住宅でも使いやすいだろう。ランニングコストが気になる人には、オプションで選択可能なパッド(洗剤はしみこんでない)も利用できる。実はルンバユーザーではない筆者だが、この製品ならばフローリングの多いわが家でも活躍してくれそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。