掃除ロボット、ダイソン参入で何が変わるか

日本勢も続々参戦、ルンバはどうなる?

ロボット掃除機でルンバの牙城をどこのメーカーが崩すのか(撮影:尾形文繁)

「売り場の中でも、掃除機は特に盛り上がっている。消費増税後も売り上げは伸びている」。ビックカメラ有楽町店の担当者はそう声を弾ませる。

なぜ掃除機が売れているのか。売り上げを牽引するのは従来の車輪つきで床を移動させる「キャニスター型」と呼ばれるものではなく、簡易なスティック型やロボット型といった新たなジャンル。旺盛な需要を背景に平均単価も上昇し、2万円台を突破した。

新ジャンル台頭の背景にあるのは、単身世帯や共働き世帯の増加など、ライフスタイルの変化。さらに、昔のように一家に一台ではなく、部屋の状況に合わせて使い分けされているという事情もある。

単身者にはスティック型が人気

たとえば単身世帯の住居や階段、トイレといった狭い場所の掃除向けに人気なのが、スティック型だ。軽くて扱いやすく小さいため、置き場にも困らない。

中でも売れ筋は英ダイソンの製品だ。強力な吸引力が特徴で、8万円ほどする高級機種がよく売れているという。スティック型でも消費者の性能へのこだわりは強く、高額品が平均価格を引き上げている。

次ページロボット型市場が拡大
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT