掃除ロボット、ダイソン参入で何が変わるか

日本勢も続々参戦、ルンバはどうなる?

ロボット掃除機でルンバの牙城をどこのメーカーが崩すのか(撮影:尾形文繁)

「売り場の中でも、掃除機は特に盛り上がっている。消費増税後も売り上げは伸びている」。ビックカメラ有楽町店の担当者はそう声を弾ませる。

なぜ掃除機が売れているのか。売り上げを牽引するのは従来の車輪つきで床を移動させる「キャニスター型」と呼ばれるものではなく、簡易なスティック型やロボット型といった新たなジャンル。旺盛な需要を背景に平均単価も上昇し、2万円台を突破した。

新ジャンル台頭の背景にあるのは、単身世帯や共働き世帯の増加など、ライフスタイルの変化。さらに、昔のように一家に一台ではなく、部屋の状況に合わせて使い分けされているという事情もある。

単身者にはスティック型が人気

たとえば単身世帯の住居や階段、トイレといった狭い場所の掃除向けに人気なのが、スティック型だ。軽くて扱いやすく小さいため、置き場にも困らない。

中でも売れ筋は英ダイソンの製品だ。強力な吸引力が特徴で、8万円ほどする高級機種がよく売れているという。スティック型でも消費者の性能へのこだわりは強く、高額品が平均価格を引き上げている。

次ページロボット型市場が拡大
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT