日本企業よ、みんなでルンバをイジめるな!

<動画>後追いでなく新しいものを作ろう

いまや家電量販店には、「ロボット掃除機」があふれ返っています(写真:Violin / Imasia)

家電量販店の掃除機コーナー。ここ10年ほどで、売り場が様変わりしている。以前はキャニスター型、スティック型などがほとんどだったところに、円盤型の「ロボット掃除機」が幅を利かせるようになった。

言わずと知れたロボット掃除機の先駆けは、アメリカのアイロボット社が製造している「ルンバ」だ。日本では2004年に販売が開始され、2013年には国内出荷台数100万台を突破した。

「掃除機の世界はルンバに任せればいい」

これに続いてロボット掃除機市場に参入したのが、東芝やシャープといった日本メーカーだ。シャープの「ココロボ」は「ツンデレ妹キャラ」のおしゃべり機能を付加、パナソニックの「ルーロ」は形状を三角形にするなど、各社とも特徴を出そうとしている。

これに対し夏野氏は、「情けないことだ。もう掃除機の世界はルンバに任せておけばいいじゃないか。むしろ洗濯機とか、浴室乾燥機とか、ほかのところでAI(人工知能)をどんどんやったらどうなのか」と嘆く。

加えて夏野氏は、アイロボット社が新興企業である点を指摘する。「東芝やシャープのような大きな企業がつぶすようなことをしなくても。ルンバのほうが可愛いんだから、ここで戦っても仕方ない」。現にルンバの人気は、日本メーカーが続々参入してきた今年に入っても衰えていない。

AIを使えば生活はもっと便利になるはずだが、それがなされていない分野がまだまだあると夏野氏は語る。「成功者が出てきたときに、それに追随することは必要かもしれないが、みんなで寄ってたかってやる必要もないだろう。そもそも、証明された市場を後追いするだけじゃ面白くない。日本メーカーにも、まだ世の中にないものを作ってほしい」。

音量にご注意ください
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT