希望者殺到、ラッシュ工場見学がスゴすぎる

人気ツアーの裏にある"ラッシュの再生物語"

「ラッシュキッチンツアー」では実際に化粧品で使用している材料を、そのまま調理してランチとして振る舞ってくれる

応募倍率、なんと214倍――。

甘い香りが特徴的な、自然派化粧品ブランドの「ラッシュ」。同社が月に1回開催している工場見学、「ラッシュキッチンツアー」が、高い人気を集めている。工場があるのは神奈川県愛川町だが、日本全国から応募が殺到。中には「せっかく当選したので、九州から飛行機で来た」という強者もいる。

一体、何がそこまで彼女らを惹きつけるのか。7月30日に開催されたツアーに潜入し、その人気の秘密に迫った。

13時過ぎ。集合場所の小田急線の本厚木駅に、参加者たちが続々と集まってきた。そこにやってきたスタッフが参加者にネームプレートを配付しはじめると、突如歓声が上がった。実は、参加者の名前に用いられている字体は「ラッシュ文字」と呼ばれるもの。

店内や商品で統一的に用いられており、国内でも試験に合格した、わずか4人の社員だけが書くことを許される。早くも参加者の気持ちが盛り上がったところで、ツアーの幕開けだ。

駅から専用バスに揺られること30分強。木立のなかに現れた白と黒のお洒落な建物が、ラッシュの本社兼工場だ。ここでは、国内に130以上ある店舗で販売する商品と、アジア圏向け輸出商品の一部を生産している。

大きな広間に通されると、しばしの勉強タイム。ラッシュの歴史や理念をじっくり学ぶ。それが終われば、遅めのランチタイムだ。今回のメニューは、卵とアボカドなどが入ったサンドイッチ、トマトとパクチーの冷製パスタ、じゃがいものスープ、スティックサラダ、そしてデザート2品だった。

次ページスライドショーで見る「キッチンツアー」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。

  • 新刊
  • ランキング