政治オタクも感動させた「百合子マジック」

世界のキーパーソンは女性たちになっていた

年後半に判断が問われるのは米連銀のジャレット・イエレン議長である。8月5日夜発表の7月雇用統計の数字いかんでは、「9月利上げ説」が復活するかもしれないし、「年内利上げなし」観測が強まるかもしれない。金融政策が硬軟どちらに向かうのか、とりあえず8月26日のジャクソンホール演説に注目しなければなるまい。

気がついてみたら、世界経済の動向を握るキーパーソンはすべからく女性たちとなっていた。かくなるうえは、9月の民進党代表選は蓮舫さん、そして11月8日の米大統領選挙は大本命ヒラリー・クリントンということになると予測しておこう。

真夏のレースは若い馬に限る

最後は恒例の競馬コーナーである。

昨年に引き続いて「サマー2000シリーズ」の第3戦、小倉記念を狙いたい。昨年の当欄では、本命に指名したウィンプリメーラが3着、ヒモのアズマシャトルが1着に入ったので、まあまあの線であった。

このレース、ハンデ戦で適度に荒れるのが夏らしくて好ましいが、まず6歳馬以上は滅多に連に絡むことはない。暑い夏のレースは若い馬に限るということだ。よって七夕賞2着のダコール(8歳)は人気があっても切り。

狙いは4歳馬アングライフェンから。先月、川田将雅騎手とのコンビで中京2000のマレーシアCを制したし、小倉では2勝を挙げた実績あり。もう一頭の狙いは当然4歳馬サトノラーゼンだが、こちらは復調しているかどうかが分からないので、評価を一段下げる。後は牝馬のウインリバティと人気薄のリヤンドファミユが気になっている。

真夏の中距離戦線はこの一戦が山場となる。追い風をつかんで上昇機運と行きたいものだ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT