「小池知事」で日本株が急落するかもしれない

安倍政権と「劇場型政治家」の危険な関係

「劇場型」の小池都知事の誕生はマーケットの大きなリスク要因だ。それはなぜか(写真:ZUMA Press/アフロ)

8月2日、小池百合子・東京都新知事が初登庁した。舛添要一氏の辞任から約1カ月半、自民党内には大きなシコリが残ったままだ。今後、官邸と小池新都知事との間合いがどうなるか大いに注目だ。

小池新都知事への「大いなる不安」とは?

票田を「一つのマーケット」と見なせば、政治家の「商品価値」は政策と統率力である。政策は抽象的な理念を語ることが最初は無難とされ、それが政治家の常套手段だから非難しない。米国のオバマ大統領も「変化」「希望」を謳っただけだ。言ってみれば「Change, Change, Yes We can!」だけで大統領になった。それに比べれば小池新都知事はマシな方である、と褒めておこう。

新都知事に降りかかっている問題は何か。まず第一に、新知事が都庁内部を治められるか、統率がとれるか、という問題である。

たとえば青島幸男氏は都知事時代、それが全く出来ず、「都政不作為の期間」を長期化させ、時間を浪費した。また、田中真紀子氏は外相就任直後から前任者の贅沢ぶり(違法性はないが)を暴くために、テレビカメラをホテル室内に入れさせたりして「劇場型」を演じて見せた。だが、結局は外務省官僚たちが従わなくなり機能不全に陥って、恩を売っておいたはずの小泉純一郎首相(当時)に更迭された。

自民党公認を取れなかったことを逆手にとり「組織対個人の闘いをご覧あれ」と、わざと敵を作って自分を目立たせる、と言う手は、毛沢東、ヒトラー、最近では小泉元首相(「自民党をぶっ壊す」)、橋下徹氏(「今、必要なのは独裁だ」)などが使ってきた手だ。だが今後はいわゆる「調整能力」が必要になってくる。都庁の内外において、である。

小池新都知事は、これが苦手かもしれない。と言うのも、彼女の生まれも育ちも、アラビア語の通訳やニュースキャスターのキャリアも、あるいは次期権力者に擦り寄る能力にしても、すべてが「組織人」でなく「個」をベースとしたものだったからだ。動物でいえばネコ科(ライオン以外の)であり、知能優れた者でいえば群れを絶対作らないといわれるオランウータンのように、常に「個」で動いてきた。

次ページもし安倍政権と小池新都知事との関係が悪化したら?
人気記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。