新御三家・駒場東邦、どう開成・麻布に挑む?

駒場東邦中学・高等学校 渡邉俶充校長に聞く

――駒東の学校行事で力を入れているものは何かありますか?

生徒にとって、2つ大きなイベントがあります。それが文化祭と体育祭です。中でも注目を集めるのが、ウォーターボーイズです。整理券も出るし、立ち見も出るほどの盛況ぶりですよ。体育祭も中1から高3まで全員参加なので、学校をあげてのイベントです。

駒東は親まで学校に通える

――生徒を育てるうえで、どういう方針を掲げていますか。

丁寧な面倒見を心掛けています。特にうちが心掛けているのが、「学校」と「生徒」と「家庭」の三者の関係です。普段の授業では学校が生徒の面倒をきちんとみます。これは当たり前でしょう。ですが、「生徒」と「両親」の親子関係が難しい。私学だと通ってくる学区がバラバラで、地元には友達は少なく、親と接する機会が公立の生徒と比べて多い。それに反抗期などを迎える難しい年頃です。中には子供との関係構築で頭を悩ませる親もいます。

ですが、反抗期の原因というのは親の過干渉が一因だと思うんです。学校でわが子がどのように生活しているかわからない。だから子供にガミガミ言ってしまう。だったら学校側から子供の情報が自然な形で親にまで届くようにすればいいんです。

ですから駒東では親が学校にくる機会が多くあります。学年ごとのPTAの会以外にそれぞれの部活動に保護者会があるし、コーラス、俳句、書道、絵画のPTAのサークル活動も盛んです。そうすると親は自然と子供に口を出さなくなって、子供も親離れをします。もちろん、勉強面での指導は両親に信頼してもらえるように学校が責任を持って面倒を見ます。

――「面倒見のよさ」を掲げると「生徒の自主性・自律性を養う」ことは相反しませんか?

確かにそうですね。まずは生徒の自主性を養うために「朝くらい自分で起きるように」と言っています。そこからでないとできない生徒がいるのも事実です。

次ページ都立中高一貫校は、まだ脅威ではない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT