新御三家・駒場東邦、どう開成・麻布に挑む?

駒場東邦中学・高等学校 渡邉俶充校長に聞く

――20人に一人の先生がつくなんて贅沢ですね。

はい。非常に贅沢だと思います。英語や数学のほかにも理科の実験でも分割授業をしています。駒東では頻繁に理科の実験をします。実験室だけで9室あります。教科書を読んで、覚えるというだけでは理科は不十分だと思います。実験して、観察して、レポートを提出する。このプロセスを経て、初めて知識として身に付くと思っています。もちろん実験器具も生徒1人ひとりすべてにいきわたるようにしています。

理科の実験も分割授業だ。生徒20人に先生1人、助手1人は非常に贅沢なカリキュラム。

人件費ということを考えると、結構ぎりぎりのところがあるのは事実です。でも、それくらいのことをやらないと高い授業料をもらって私学に来ている意味はないのではないでしょうか。

キャリア教育は豪華な顔ぶれ

ほかにはキャリア教育にも力を入れています。中学受験を突破して、「さあ、大学受験だ!頑張れ!」というのでは、どうしても近視眼的になってしまいます。

それに今や有名大学にいって、有名企業に入れば一生安泰という時代は終わりました。生徒たちにはいろいろな選択肢があることを示したいと思っています。具体的な取り組みとして、同窓会から人材育成基金として1000万円以上を捻出して、年間20回近くのキャリア講演会等を行っています。昨年の高校3年生を対象とした講演会には平田オリザさんがいらっしゃいました。彼のヤルタ会談の風刺劇を皆で見て、そのあとで、質疑応答となったのですが、平田さんがゲストとしてほかに四人の方を招いてくださいました。それが政治家の小泉進次郎氏とニュースキャスターで元経産省官僚の村尾信尚氏だったんです。

――生徒のキャリアからすれば最高の講師陣ですね。

そうですね。大学受験だけを考えてしまいがちな高校3年生にはとてもにいい刺激になったと思います。ほかにも、「ユーグレナ」という会社の出雲充社長を招いて講演をしてもらったことがあります。彼は駒東OBで東大に進学して三菱UFJ銀行に行ったのですが、ミドリムシの有用性に気づいて、ベンチャー企業を立ち上げ、昨年にはマザーズへの上場も果たしました。「ミドリムシは栄養価が高い。今後はミドリムシから日常で必要な栄養を取る時代がくるかもしれない。そのうえ、油も取れる。5年後にはミドリムシから採取される油でジェット機を飛ばしたいんだ」ということを語りました。理科好きの駒東生からは質問が集中していました。そういう取り組みを通して生徒を啓蒙することが必要でしょうね。

次ページ駒東は親まで面倒を見てくれる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT