断言しよう!アメリカ経済の復活は本物だ

ぐっちーさんが読む「ちょっと先」のマーケット

さて、いよいよ春競馬も加速がかかって参りました。
今年最初のG1、フェブラリーS(17日、東京競馬場)であります。
思えば、前々回も確かジャパンカップダートだったような気がします・・・・砂に縁があるのでしょうかね(笑)。

ベテラン勢力+ガンジス+カレンブラックヒル

ダート界はなぜかベテラン勢がまだ健在。一世を風靡して引退してしまったトランセンドなどと争っていたライバル連中がまだ走っているわけで、世代間格差から考えると彼らがやはり中心となりますか。その場合は、エスポワールシチー、ワンダーアキュート、昨年の勝ち馬テスタマッタあたりでまとまるはず。しかし、何せ7,8歳馬なので急激な衰えが心配といえば心配ですな。

4歳馬ではガンジズがよさそう。前走には不満が残りますが(根岸S2着)もう少し力のある馬だと思います。

いずれにせよ、7,8歳馬をどう処理するかが肝心なレースでありまして、ナムラタイタン、マルカフリートあたりの7歳馬も軽視は禁物。

芝からの転向組では実績十分のカレンブラックヒル。なんたって天皇賞5着馬ですからね。

問題はいつもの通り、はたしてダート特性がどこまであるか。追い切りを見る限り砂をかぶるのは苦手なようなのですが、前に行ければそのまま勝ちきるかもしれない。実力から見て大外に回されない限り拾っておくのが上策だと思います。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • コロナ後を生き抜く
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。