浪速鉄工「魔法の耳かき」は何がスゴイのか

鍛造品会社が製造するチタン製耳かきの実力

耳かきの先端の形状がちょっと変わっています。普通のスプーンのような形ではなく、3つの山からなる大小の起伏のついたらせん状になっているのです。綿棒で耳かきをすると、耳あかが奥に入ることがあります。ところがこの「魔法の耳かき」は、ネジのように360度で当たるので、ごそっと取れます。ボクも使っていますが、なんとも気持ちエエ感覚。これは使ってもらわないとわかりません。絶対クセになってしまいます。

耳かきはカラーバリエーションも充実

堀川社長のアイデアで、持ち手の部分を持ちやすい六角形状にしました。さらにカラーバリエーションも充実。ピンクとグリーンから始まって、レッド、ライトブルー、ゴールドにチタン色も増え、6色になりました。お値段は各色税込み3800円程度とちょっと高目です。

「いやいや、もっと高級なもんでないと目立たへん」と、金箔、プラチナ箔まで作りました。最高で2万円弱のものもあります。

自分で会社の鉄製品を工夫して作ったピアス

売り方も工夫しました。「2000本はモニタリングです」と、政治家、芸能人、プロスポーツ選手から歌舞伎役者、実業家に配りました。「耳に入ったペットの毛も取り出せた、と皆さんに大好評です」と自信を深めました。今年から本格販売。プレゼント用のパッケージもあります。

オーダーメイドの鉄工製品も承ります。熟練の技術者たちの高度な技によって、一品一品丹念に仕上げられます。ピアノ発表会用にト音記号を模した鉄製飾り、大道芸の芸人さんに頼まれた四角の枠組み、ギター製作用の万力など、さまざまなオーダーに対応しています。お客様の要望を聞いて図面を起こしますが、ただ図面どおりに作るのではなく、尖った先端で手を切らないように処理したり、重くなり過ぎないよう工夫するなど、随所にプロの技が光っています。

本業はあくまで「アイボルト」ですが、こうしたお客様の要望を聞くことで、新たな技術開発も可能になりました。60年来の鉄工の技に「オシャレ」という隠し味を加えて、社員にもお客さんにも楽しい鉄製品が次々に生まれています。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT