きちり、GABAライス使ったおにぎり展開

タニタ食堂に続く提携、収益化には課題も

サタケは精米機メーカーとしては業界で圧倒的な強みを誇るが、一般消費者への認知度は低い。GABAライスを広めるために、都市部での店舗展開にノウハウを持つきちりと提携した。

タニタ食堂に次ぐ提携案件だが、収益化に課題も

きちりは自社飲食店の展開で構築した食材配送や事務処理といった業務運営システムを「外食クラウド」として他社に提供している。今回の提携でサタケはGABAライスを提供、「おむすびのGABA」の運営はきちりが受託する。

「おにぎりは日本古来のファストフード。潜在的な市場規模は大きい」と、きちりの平川昌紀社長は意気込む。

きちりにとってこうしたプラットフォーム事業としては12年1月にオープンした「タニタ食堂」に次いで2例目となる。ただ、鳴り物入りで開店した丸の内「タニタ食堂」は話題こそ集めたが、その後一向に多店舗化の動きが見えてこない。

サタケとの提携によるGABAライス使用のおにぎり専門店では、話題を集めるだけではなく、収益モデルを確立することができるのかどうかが注目される。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。