きちり、GABAライス使ったおにぎり展開

タニタ食堂に続く提携、収益化には課題も

女性に人気のある居酒屋「きちり」を直営展開するきちりは2月8日、大手精米機メーカーのサタケ(本店・広島県東広島市)との業務提携を発表した。サタケが開発した健康米「GABAライス」を使ったおにぎり専門店を出店する(画像は店内のイメージ)。

きちりは春頃に、サタケ東京本社(秋葉原)内に「おむすびのGABA」をオープン。広さは25坪程度で客単価は500円前後を見込む。鮭や梅干しといった定番おにぎり14種類を中心に季節限定商品を販売する。価格は1個130円~230円程度と同業他社を意識して設定する。

精米過程で失われるGABAを白米に移行

GABAライスを使うことで健康に役立つことをアピールし、他のおにぎり専門店との差別化を図る。コメはサタケ本社がある広島県産米を使う。店舗ではGABAライスそのものを直接購入することも可能となる。

サタケは大型精米機では国内シェアの7割を握っている。GABAはアミノ酸の一種で、血圧降下、精神安定などの作用があると注目されているという。玄米にはGABAが多く含まれているが、多くは精米の過程で失われてしまう。

そこでサタケは玄米を白米に精米する工程で、胚芽部内のグルタミン酸からGABAを生成し、白米のなかにGABAを移行させる精米技術を09年に開発。12年2月からは自社で精米した「GABAライス」をインターネット上で販売をしてきた。

次ページ収益モデルは確立できるか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。