「あるべき女論」を垂れる上司に反撃する方法

「女なら自分で弁当作れ」「早く結婚しろ」…

本社の重役や店長からの「セクハラ」、どのように対処すればいいのか?(写真:xiangtao / PIXTA)

自動車ディーラーで営業をしていたという女性が、弁護士ドットコムライフの体験談募集コーナーに、過去のセクハラ被害を投稿しました。

女性が働いていたのは、地元で大手の自動車ディーラー。男性ばかりの職場で、容赦なくノルマ達成を求められる厳しい職場だったといいます。女性はそうした環境にめげず、「ここを耐えて慣れていけば、楽になる」と信じて働き続けましたが、結果として、職場に慣れる前に退職をすることになります。きっかけは、本社の重役や店長からの「セクハラ」でした。

日常的に続いたセクハラ発言

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

「女なら自分で弁当を作ってこい」「仕事をするのもいいが、女なら早く彼氏を作って結婚しろ」「コーヒーぐらい上手く淹れろ」……。時にはひそひそ声で、時には他の社員にも聞こえるような大声で、再三にわたり、「女ならこうあるべき」という言葉をぶつけられたそうです。

店長から営業のノウハウを教わった時は、顧客と営業職の関係を、「顧客=彼氏=店長」、「営業職=彼女=私(女性)」とたとえられた上で、「彼女とラブホテル行こうと思ったら、たくさんおごったり、貢いだりする」と言われたそうです。女性は、「ラブホテルという単語が出ただけでもイヤでしたが、その男女が店長と私という前提だったため、本当に気持ち悪かったです」と振り返ります。

そういった発言は日常的に続きましたが、誰かに相談しようにも、「セクハラをされている」と言うことに抵抗があり、打ち明けられなかったといいます。その後、女性はどんどん仕事に行くのが嫌になり、ついには医者も原因不明とする謎の高熱を出し、自力で歩けない状態に陥ってしまいました。熱が下がり、出社した女性は、その日のうちに辞表を提出し、退職したそうです。

次ページ慰謝料請求に必要なものは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT