撃沈…「スピーチでスベる人」によくある誤解

蓮舫に進次郎、「プレゼン上手」はここが違う

――実際に「プレゼン上手」「スピーチ上手」な人は、どんなふうに話していますか?

参考にできる実例として、よく知られている2人の政治家を挙げたいと思います。

①自民党衆議院議員・小泉進次郎氏の場合

今年7月投開票だった参議院議員選挙は、選挙権が18歳以上に引き下げられたことが話題になりました。新聞報道によると、小泉さんはJR秋田駅前の街頭演説で聴衆の若者たちに「君たち何歳?」と問い掛け、「18歳、19歳の人、上がって」と呼びかけ選挙カーの上に上げました。これは「ブリッジング(橋渡し)」というスピーチの技法です。

街頭演説は、事前に「聞き手の分析」をすることができません。そこで小泉さんは自分から「君たち何歳?」と、聴衆に橋を架けたのです。講演者が「私の講演を聞くのが初めての人?」と尋ねて、その場で分析するやり方にも通じます。

小泉さんは「ご当地ネタ」が上手なことでも知られています。スピーチのなかで方言を使い、名産品を食べてみせる。「昨日○○を食べた」と、「相手と共通の経験」を話すのです。

これは私たちも応用できる手法です。プレゼン前にサンプルを配布して「まずは触ってみてください」「まずは食べてみてください」と、その場にいる全員で共通体験をするのです。ブリッジングすることで、ラポール(信頼関係)を築くことができます。

「毎回同じ服装」であることのメリット

②民進党参議院議員・蓮舫氏の場合

この人は「Let’s」の使い方が上手です。蓮舫さんは同じく参議院議員選挙で「将来納税者になる若い人を増やしましょう」「将来社会保障を支える若い人を増やしましょう」と連続で「~しましょう」という言葉を呼びかけ、聞き手を巻き込みました。さらに「次の世代にまわしましょうよ」と話しをまとめています。「~しましょうよ」は、女性らしい上品な印象も与えます。

――プレゼンやスピーチの当日は、服装も悩みます。

男女共通のポイントは2つあります。1つめは「毎回同じであること」です。わざと毎回同じ服を着て、覚えてもらうのです。「また同じか?」と思われてしまうことを不安に感じる気持ちはわかりますが、むしろ「またこの人だ!」と記憶に残してもらうことを選びましょう。

特に男性には「勝負ネクタイは同じものを3本くらい買いなさい」とアドバイスしています。難しければせめて色や柄をそろえること。海部俊樹元首相は、水玉のネクタイがトレードマークになりましたよね?

次ページ1週間寝かせてから、当日の映像を見返そう
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT