撃沈…「スピーチでスベる人」によくある誤解

蓮舫に進次郎、「プレゼン上手」はここが違う

③聞き手を分析する

聞き手は経営者なのか、一般社員なのか。社内の人なのか、社外の人なのか。好意的に聞いてくれる人たちなのか、シビアに見る人たちなのか。プレゼンする商品について、現時点でどのぐらい知っている人たちなのか。「聞き手の情報」を事前に把握するようにしましょう。それによって、準備する原稿や話す内容も変わってきます。

矢野香(やの・かおり)/スピーチコンサルタント。NHKのキャスターとして17年間、主に報道番組を担当し、2011年「話をする人の印象形成」の研究で、大学院修士号を取得。現在は大学教員として研究を続けながら、評価を上げるコミュニケーションの専門家として、政治家の選挙演説対策、大手企業の株主総会対策、役員候補者研修など、幅広い層を指導。著書に『「きちんとしている」と言われる「話し方」の教科書』(プレジデント社)、『【NHK式+心理学】 一分で一生の信頼を勝ち取る法―NHK式7つのルール― 』(ダイヤモンド社)など

――「営業女子100万人で輝く社会を!」。これは今回、私が矢野さんの指導を受けて、シンポジウムのプレゼンで発言したメインメッセージでした。おかげさまで何人もの人から「あのスピーチ、よかったよ!」「『100万人!』のフレーズは素晴らしいですね」などと声をかけられました。職場でも使える「メインメッセージのコツ」は何ですか。

13文字以内にまとめること。これは「NHK式」なんです。テレビの画面に収まる最大の文字数であり、インターネットでもモニターの制限によって13文字に指定されています。多くても20文字にしてください。息継ぎをせずに一気に話せるのは、せいぜい15文字。息をついたら、伝える力は弱まってしまいます。

1文を50文字以内におさめるべし

――私自身は元々、まったく違うメインメッセージを考えていました。

太田さんがあらかじめ作っていたのは「営業女子の活躍は意義があります。そしてその市場を拡げることで、未来が明るくなる」。しかしこれでは文字数が多すぎます。「意義があります」のところで息つぎをしてしまい、インパクトが弱まるのです。たとえ細かい点がピンボケしても、一息で力強く言える、短い言葉を作るのが効果的です。

――さらに私は「営業女子100万人で輝く社会を!」に、アクセントをつけて発声し、6分のプレゼンで6回繰り返しました。

何度も繰り返すことで印象に残ります。繰り返す回数は1分あたり1回が目安です。キング牧師のスピーチ「I have a dream」を思い出してください。I have a dreamという言葉を連続5回繰り返したからこそこのフレーズとともに後世に残るスピーチになりました。メインメッセージは、スピーチの最初と最後には必ず入れてください。末尾の「ご清聴ありがとうございました」は囁く程度でOKです。

――メインメッセージに続く原稿の作り方には、どんな心構えが必要なのでしょうか。

1文を50文字以内におさめてください。1文が長い人は、話しているうちに何が言いたいのか、自分でも分からなくなってしまう危険性があります。よくあるパターンは「が」の多様です。

×「私は太田彩子と申しますが、営業職をしていますが、今日はこのような場にお招きいただき光栄だと思っていますが……」

「太田彩子です。営業職をしています。今日はこのような場にお招きいただき光栄です」

次ページ小泉進次郎の「橋渡し作戦」に学べ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT