日本発の大人戦略 ディズニーストアが復活

世界に一つしかない、若い女性向けの店

テレビ、映画、テーマパーク、ライセンスグッズ。ストア以外にも、ディズニーのビジネスは幅広い。米国をはじめ他地域ではキッズ&ファミリー向けが中心だが、ディズニー・ジャパンは、それらすべての部門で若い女性をターゲットにする。「大人ディズニー」と呼ばれる、日本独自の戦略だ。

ディズニーはメインターゲットとする18~29歳の女性を、YAF(young adult female)と呼ぶ。なぜYAFなのか。まず、日本ではディズニー商品の購入層は女性が多いという事情がある。中でも若い女性の購買力は高い。キャラクター商品市場では、35%が20歳以上の女性で、この購買層だけが唯一伸びている。

もう一つは、YAFを取り込むと周辺の購買層も取り込める、という点だ。ディズニーストアを統括する安藤徹バイスプレジデントは、それを「卵の理論」と表現する。10代は背伸びをしたい。30代以上は気持ちが若い。さらに、YAFが結婚して子育てに入ると、ファミリー層も取り込める。YAFという黄身が大きくなれば、周辺の白身も大きくなり、結果として卵(市場)全体が大きくなるという理論だ。

次ページターゲットを絞るまでの紆余曲折
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。