日本発の大人戦略 ディズニーストアが復活

世界に一つしかない、若い女性向けの店

安藤氏はこうした戦術を「クイックウィン」と表現する。「企業はV字には回復しない。実際は少し上がってはまた落ちる。それを繰り返して上昇気流に乗る」(同)。再生の第1ステージでは、クイックウィンを作り、従業員の自信を取り戻すことが大切だ。

クイックウィンを作りながら、商品を抜本的に見直した。調達先を変え、アパレルや食品を中心に商品数を2~3割削減。その一方で、新たに四つの商品群を柱に据えた。バッグ、ぬいぐるみ、スマートフォン用カバー、アクセサリー。これら4本柱は、ディズニーの得意分野であり、利用者の日常生活に密着しているという共通点がある。現在ではストアで販売される85%が日本の独自商品だ。「とにかく商品と顧客ターゲット。これら二つが明確なら、消費者に支持される」(安藤氏)。

売るべき商品ができて店舗開発が動き出す。YAF向け店に先立ち、11年末出店を始めた新コンセプトストア(右写真)は、ビジュアル技術を駆使した世界共通フォーマット。ここでもターゲットは大人女性だ。一連の取り組みを経て、ストア部門の営業利益率は5%超に回復した。

YAF向け店は計画比4割増と絶好調。2号店の発表も近々ありそうだ。ポール・キャンドランド社長は「欧州など他地域でも、YAF向け商品の導入を真剣に検討している」と語る。日本発の大人ディズニーが、世界に広がり始めている。

関連記事:なぜ日本の女性はディズニーが好きなのか

(撮影:梅谷秀司) (週刊東洋経済2013年2月9日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT