ヤマハ、楽器大手の真髄

ウィーン・フィルの立役者、岡部常務に聞く

ウィーン式管楽器と似ていて、ベーゼンドルファーも、昔の作り方を続けているメーカーです。ウィーン式管楽器は作る人がいなくなってしまいましたが、ピアノはビジネスとして大きいので、伝統的な楽器作りが続いてきた。ただ、経営の面が弱っていました。ヤマハが買収してからは、市場規模に合わせたリストラをしたり、ウィーンにあったショールームを工場と同じ場所へ移したりして、うまく回り始めています。

(ベーゼンドルファーのピアノ作りを)日本へ持ってきたり、ましてや中国で作って(ベーゼンドルファーの)フラッグをつけたりすることは、発想として、全然ありません。そういうことをするのであれば、買収する意味がない。ベーゼンドルファーの作り方はヤマハと全然違います。材料の乾燥にしても、気候が違う。「ベーゼンドルファーはウィーンに残す」というメッセージを、ずっと持ち続けています。

ヤマハの楽器は三ツ矢サイダーに似ている

ニッカン、ヤマハ、バックなど、さまざまなトランペットを吹いた経験のある岡部氏は、楽器にはさまざまな個性があると話す。

たとえば、バックは個性の強い楽器です。誰が吹いてもバックの音がする。反対にヤマハは、良い意味でも悪い意味でも奏者の音を出しやすい楽器です。楽器としてのクセがあまりないので、上手い人と下手な人では音色まで違う。だから本当に上手な人は、バックの音はジャマだと言います。

たとえるならバックは「コカ・コーラ」で、ヤマハは「三ツ矢サイダー」か「スプライト」です。コカ・コーラは誰が飲んでもコカ・コーラの味がするけれど、いろんな味付けをしたい人にとっては、その個性がジャマになるときがある。でも、そういった個性が少しはないと、楽器の魅力も出ない。

ヤマハの楽器は、ソリストでいろんな表現をしたいひとには良いと言われますが、一方で、もっと音に個性がほしいという意見もあります。

次ページ男の子に勧めたい音楽の道
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?