ヤマハ、楽器大手の真髄

ウィーン・フィルの立役者、岡部常務に聞く

ウィーン式管楽器と似ていて、ベーゼンドルファーも、昔の作り方を続けているメーカーです。ウィーン式管楽器は作る人がいなくなってしまいましたが、ピアノはビジネスとして大きいので、伝統的な楽器作りが続いてきた。ただ、経営の面が弱っていました。ヤマハが買収してからは、市場規模に合わせたリストラをしたり、ウィーンにあったショールームを工場と同じ場所へ移したりして、うまく回り始めています。

(ベーゼンドルファーのピアノ作りを)日本へ持ってきたり、ましてや中国で作って(ベーゼンドルファーの)フラッグをつけたりすることは、発想として、全然ありません。そういうことをするのであれば、買収する意味がない。ベーゼンドルファーの作り方はヤマハと全然違います。材料の乾燥にしても、気候が違う。「ベーゼンドルファーはウィーンに残す」というメッセージを、ずっと持ち続けています。

ヤマハの楽器は三ツ矢サイダーに似ている

ニッカン、ヤマハ、バックなど、さまざまなトランペットを吹いた経験のある岡部氏は、楽器にはさまざまな個性があると話す。

たとえば、バックは個性の強い楽器です。誰が吹いてもバックの音がする。反対にヤマハは、良い意味でも悪い意味でも奏者の音を出しやすい楽器です。楽器としてのクセがあまりないので、上手い人と下手な人では音色まで違う。だから本当に上手な人は、バックの音はジャマだと言います。

たとえるならバックは「コカ・コーラ」で、ヤマハは「三ツ矢サイダー」か「スプライト」です。コカ・コーラは誰が飲んでもコカ・コーラの味がするけれど、いろんな味付けをしたい人にとっては、その個性がジャマになるときがある。でも、そういった個性が少しはないと、楽器の魅力も出ない。

ヤマハの楽器は、ソリストでいろんな表現をしたいひとには良いと言われますが、一方で、もっと音に個性がほしいという意見もあります。

次ページ男の子に勧めたい音楽の道
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT