ヤマハ、楽器大手の真髄

ウィーン・フィルの立役者、岡部常務に聞く

ウィーン式管楽器と似ていて、ベーゼンドルファーも、昔の作り方を続けているメーカーです。ウィーン式管楽器は作る人がいなくなってしまいましたが、ピアノはビジネスとして大きいので、伝統的な楽器作りが続いてきた。ただ、経営の面が弱っていました。ヤマハが買収してからは、市場規模に合わせたリストラをしたり、ウィーンにあったショールームを工場と同じ場所へ移したりして、うまく回り始めています。

(ベーゼンドルファーのピアノ作りを)日本へ持ってきたり、ましてや中国で作って(ベーゼンドルファーの)フラッグをつけたりすることは、発想として、全然ありません。そういうことをするのであれば、買収する意味がない。ベーゼンドルファーの作り方はヤマハと全然違います。材料の乾燥にしても、気候が違う。「ベーゼンドルファーはウィーンに残す」というメッセージを、ずっと持ち続けています。

ヤマハの楽器は三ツ矢サイダーに似ている

ニッカン、ヤマハ、バックなど、さまざまなトランペットを吹いた経験のある岡部氏は、楽器にはさまざまな個性があると話す。

たとえば、バックは個性の強い楽器です。誰が吹いてもバックの音がする。反対にヤマハは、良い意味でも悪い意味でも奏者の音を出しやすい楽器です。楽器としてのクセがあまりないので、上手い人と下手な人では音色まで違う。だから本当に上手な人は、バックの音はジャマだと言います。

たとえるならバックは「コカ・コーラ」で、ヤマハは「三ツ矢サイダー」か「スプライト」です。コカ・コーラは誰が飲んでもコカ・コーラの味がするけれど、いろんな味付けをしたい人にとっては、その個性がジャマになるときがある。でも、そういった個性が少しはないと、楽器の魅力も出ない。

ヤマハの楽器は、ソリストでいろんな表現をしたいひとには良いと言われますが、一方で、もっと音に個性がほしいという意見もあります。

次ページ男の子に勧めたい音楽の道
人気記事
トピックボードAD
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。