成長へ舵切るブラザー、試される“新事業創出力”

新しい5カ年計画を始動

成長へ舵切るブラザー工業、試される“新事業創出力”

「成長への再挑戦」--。プリンタや複合機などの情報機器メーカーとして知られるブラザー工業は、この4月から新しい5カ年計画をスタートさせた。

“再挑戦”と銘打たれているのは、一度は挫折したから。2003年に立てた長期計画では13年3月期に「売り上げ1兆円、営業利益1000億円」の達成を目指していたが、08年秋以降の世界的な景気後退が欧米販売比率の高い収益構造(11年3月期で56%)を痛打。1兆円は、はるかかなたにかすんでしまった。

そのため、1兆円達成のワンステップとして、「まずは5年後に7500億円を目指す」(小池利和社長)というのが新しい5カ年計画だ。

「成長への再挑戦」は実現できるのか。その戦略の中身と課題について見ていこう。

主力の情報機器市場はライバルがひしめく

成長目標をセグメントごとに切り分けるとグラフのようになる。このうち、最も課題が多いのが、最大事業の情報機器(プリンティング&ソリューションズ、P&S事業)かもしれない。

計画では、P&S事業を4割近く伸ばすことになっている。実現のカギは、欧米先進国のSOHO市場に強いブラザーの複合機を新興国でも売り込んでいくことだ。「欧米で行ったのと同様、お客さんの声をよく聴いてそれを素早く開発に生かしていく。価格競争オンリーになるときついが、幅広いラインナップを武器にしていく」(小池社長)。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。