成長へ舵切るブラザー、試される“新事業創出力”

新しい5カ年計画を始動

成長へ舵切るブラザー工業、試される“新事業創出力”

「成長への再挑戦」--。プリンタや複合機などの情報機器メーカーとして知られるブラザー工業は、この4月から新しい5カ年計画をスタートさせた。

“再挑戦”と銘打たれているのは、一度は挫折したから。2003年に立てた長期計画では13年3月期に「売り上げ1兆円、営業利益1000億円」の達成を目指していたが、08年秋以降の世界的な景気後退が欧米販売比率の高い収益構造(11年3月期で56%)を痛打。1兆円は、はるかかなたにかすんでしまった。

そのため、1兆円達成のワンステップとして、「まずは5年後に7500億円を目指す」(小池利和社長)というのが新しい5カ年計画だ。

「成長への再挑戦」は実現できるのか。その戦略の中身と課題について見ていこう。

主力の情報機器市場はライバルがひしめく

成長目標をセグメントごとに切り分けるとグラフのようになる。このうち、最も課題が多いのが、最大事業の情報機器(プリンティング&ソリューションズ、P&S事業)かもしれない。

計画では、P&S事業を4割近く伸ばすことになっている。実現のカギは、欧米先進国のSOHO市場に強いブラザーの複合機を新興国でも売り込んでいくことだ。「欧米で行ったのと同様、お客さんの声をよく聴いてそれを素早く開発に生かしていく。価格競争オンリーになるときついが、幅広いラインナップを武器にしていく」(小池社長)。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT