成長へ舵切るブラザー、試される“新事業創出力”

新しい5カ年計画を始動

新事業に挑戦するブラザーのDNA

10年、20年というスパンでブラザーが継続的に成長をしていくために、産業機器や通信カラオケ以上に重要なのが、「新規事業」だ。

中計では、ネットワークイメージングデバイス(NID)などの新規事業で5年後に500億円の売り上げを目指す。「具体的なものがあるわけではなく、絶対にやるぞ、という意気込み。新規事業なくしてブラザーの未来はないと思っている」(小池社長)。1500億円の戦略投資枠を設定し、M&Aを積極的に行っていく計画だ。

ブラザーのDNAには、果敢に新規事業へチャレンジしてきた歴史が刻まれている。前身の安井ミシン商会が創業した1908年から戦後に至るまではミシン専業だったが、50年代に入るとオートバイエンジン、工作機械、編み機、欧文タイプライターなどへ展開。さらには洗濯機、電子レンジなどの家電製品や電子楽器、電卓などにも手を広げた。

その中で大きく花開いたのが、欧米市場向けの事務機。タイプライターを起点に、プリンタやファクシミリなどの情報機器が収益柱に成長した。新製品・新事業を生み出すブラザーのDNAは、90年代の通信カラオケや米国向けの低価格複合機でも証明されたが、最近はそうした成功事例が生まれていない。

数年前、ブラザーの筆頭株主は、あのスティール・パートナーズだった。08年11月、スティールは、カラオケや不動産など非中核事業の売却、保有現預金による自己株消却のほか、スティールのノウハウを活用したオフィス機器事業の採算向上を提案する書簡を送っている。

当然、小池社長はこの提案をはねつけた。そして、いっそうの多角化推進と、余剰資金をM&Aなどに投入する道を選んだ。この選択の正しさを証明できるかどうか。これから数年、「ブラザーのDNA」の真価が試されることになる。

(週刊東洋経済2011年8月6日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
50歳からの<br> お金の教科書

リタイアも見えてきた50歳。老後は1億円必要といわれ、不安なのはお金だが、どう向き合えばよいのか。高齢期は低リスクが第一。各種保険や仕組み債のリスクも盛り込み、人生100年時代の「正しい資産運用術」を個別具体的に指南。