プロも熱中する「歴史マンガ」珠玉の5冊

大人たちに愛される話題作はこれだ!

有名どころの一部をざっとリストアップしただけでも、これだけあります。

<日本史>
『暗黒神話』(ヤマトタケル伝説などの神話)
『日出処の天子』(飛鳥時代)
『天上の虹』(飛鳥時代)
『センゴク』(戦国時代)
『大奥』(江戸時代)
『お~い!竜馬』(江戸時代)
『風雲児たち』(江戸時代)
『宗像教授伝奇考』(さまざまな時代の伝説、伝承を扱う)
<中国史>
『キングダム』(春秋戦国時代)
『墨攻』(春秋戦国時代)
『史記』(前漢)
<ヨーロッパ史>
『テルマエ・ロマエ』(古代ローマ)
『ヴィンランド・サガ』(11世紀 北ヨーロッパ)
『チェーザレ』(15世紀 イタリア)
『ベルサイユのばら』(18世紀 フランス)

大人が読むべき5作品

今回は、特に大人が読むべき5作品ほどを『人生と勉強に効く 学べるマンガ100冊』から選り抜いて、マンガ読みのプロたちによる推薦コメントとともに紹介します。

『キングダム』 原泰久 集英社 1〜42巻

キャリア構築やチームマネジメントのヒントも! 

『キングダム』

紀元前の中国、乱世の春秋戦国時代が舞台の『キングダム』は、後に秦の始皇帝にとして中国を統一することになる少年・政(せい) と彼に使える農村出身の少年・信(しん) にスポットライトをあてた大河ロマン。一介の農民から成り上がっていく信と、国を統べる立場である政。

「戦」の世を題材にした本作では、戦略が勝敗を決するということを私たちに示してくれます。そこには「個」か「群」か? 「武力」か「知力」か? というテーマがつきものです。軍師の「知力」が「群」を動かすことがあれば、「個」の「武力」が数で圧倒的な軍を破ることもある。その駆け引きに加えて「理論」と「直感」の対立軸も取り入れてあります。しかも、単なる二項対立に終わっていていません。

たとえば「武力」重視の武官だった人物が、年齢と経験を重ねるうちに「知力」重視の文官へと変わっていったり、「知力」が高い軍師であっても、いざ戦場で一騎打ちの「個」の戦いになったときには、「武力」でも勝負する柔軟さを持ち合わせるなど。生まれ、ポジション、たどってきた人生が反映されたキャラクター各人の強さや個性を描き切っています。このように、キャリア構築やチームマネジメントのためのヒントもたくさん詰まっているのです。(マンガナイト代表/山内康裕)

次ページ戦国時代の数奇な運命を持った武将
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 病やがんと向き合う心のつくり方
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT