関西経済はどこで「強み」を発揮できるのか

どないやねん?ポスト橋下の大阪・関西

左図は、首都圏(東京、千葉、埼玉、神奈川)と中京圏(愛知、岐阜、三重、静岡)も含めて、主要な産業別の伸長倍率を全国平均と比べてみたものである。京阪神経済は、(ここに示した分野以外も含めて)すべての産業分野で、全国平均をはっきりと下回っていることがわかる。一方で、首都圏は、「不動産」「運輸業/情報通信業」で圧倒的な拡大傾向をみせている。中部圏は「製造業」において、圧倒的に伸びている。

つまり、首都圏は、技術革新と一極集中の影響の大きい「情報サービス」「不動産」「金融」などを中心に、第二次産業から第三次産業に構造展開を果たして、大きく発展した。中部圏は第三次産業の一定レベルの発展はさせつつも、「自動車産業の拡大・維持」で発展しつづけた。一方で、京阪神経済は特徴を持った発展ができず、結果、他の地域に比べて成長力が鈍化してしまった。

相対的に強みのある産業

ここまでの、関西経済において「歴史的にみて相対的な地位を拡大させた産業があったのか?」という分析では、残念ながら否定的な結論となった。では「相対的に強みのある産業」はないのだろうか?

1つの考え方として、その地域内から他の地域へ提供(国内移出・国外輸出)できている金額が大きい産業は、強みを持っている産業だと考えることができるだろう。

経産省が公表している「地域間産業連関表(53分類)」を使って近畿圏、中部圏、関東圏それぞれで移出・輸出額の大きい15産業を抽出し(3地域で重複を除くと24産業)、共通点の大きそうな産業分野をくくって、6領域にまとめたのが上図である(最新データが平成17年しかないため、約10年前のデータであることを考慮する必要がある。なお、ここでの地域割りは、地域経済産業局の区分に従う。近畿は福井を含む2府5県。関東には新潟、山梨、長野、静岡を含む。中部は愛知、岐阜、三重、富山、石川)。

次ページ中部圏の際立つ特徴
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT