ファナック、「優等生」に及んだ飛び火

欧州、中国経済の減速響く

部門別に見ると、明暗が分かれる。足を引っ張っているのが、主力のNC装置を擁するFA部門だ。売上高は前年同期比27.7%減の1507億円。それに対し、ロボット部門は同0.2%増の862億円で、「ロボドリル」と呼ばれる小型マシニングセンタなどのロボマシン部門は同35.9%増の1482億円だ。

注目すべきは前年同期では売上高に倍近くの差があったFA部門とロボマシン部門の売上高が拮抗してきているということだ。業界では「ファナックは『NC』メーカーから『機械』メーカーに変わってきている」という声も聞こえてくる。

実際にファナックは、小型マシニングセンタの生産・販売を強化している。昨年末には筑波工場を増強し、従来比2倍の月産5000台という世界最大規模の能力にした。「(スマホ需要で活況だった)EMS向けだけでなく多様な販売チャネルを整備し、供給能力と価格競争力で他社を圧倒している」(大手メーカー首脳)という。

「高収益体質」が揺らぎかねない

ただ利益率が最も高いとされるFA部門を、ロボマシン部門が上回るようになれば、全体の利益率が下がり「高収益体質」が揺らぎかねない。経営の真価が問われる局面に入ってきたともいえる。

2014年3月期はどうか。日工会の横山元彦会長(ジェイテクト会長)は「中国景気はボトムを過ぎつつある。この先は緩やかに良くなる」と話す。各社トップも「工作機械市場は遅くとも今年半ばには持ち直すだろう」と期待する。顧客である工作機械メーカーの景況感が良くなれば、高シェア製品であるファナックのNC装置の販売も上向くと考えられる。

(撮影:梅谷 秀司)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT