DMMの「帝王」は昔、寝てばかりの若者だった

モンストで再起した男と語る仕事、カネ、未来

岡本:まあでも、何がどうなるかわからんちゅうことですよ。僕の場合は、コナミに正式に入社する前から、イラストレーター志望で手伝いとして入っていたんですけど、まわりにいろいろおだてられて気づけば、連日三時間半睡眠は当たり前で、そのうち会社に泊まり込むようになって……イラストの話がいつのまにか企画とかするようになった。そこから今のゲームの道につながっています。

後追いの給料交渉は経営者としてカッコ悪い

岡本吉起(おかもと よしき)/チームを率いてヒットを飛ばす“山賊系”ゲームクリエーター。愛媛県出身。株式会社コナミ、株式会社カプコンと渡り歩き、数々のヒット作、ゲーム作品を生み出す。独立し、立ち上げたゲームリパブリック社で「十数億」の債務を抱えるも、アプリゲーム「モンスターストライク」で再起

岡本:で、それまでゲームはやったことなかったんですが、「面白いじゃん」ってどんどんハマっていった。どんどんハマって、とことん仕事した。

亀山:じゃあ、結構貰ってたんだ。

岡本:ボーナスは良かったんですけど、基本給は13万円のまま。それで上げてくれって交渉したら、提示された額とか姿勢に共感できずにやめちゃった。「岡本は、(努力とかじゃなくて)たまたまのヒットだろ?」という評価だと思ったから。別に今でも恨んでるわけじゃなくて、当時、若造だった頃の話ですよ。

亀山:それは考えるところがあるな。俺も、最初にビデオレンタルの経営していたとき、すごく真面目に働いてくれている人がいたんだけど、給料上げなくても文句も言われないから、とにかく店舗拡大しなきゃということばかり考えていて、そのままにしていたことがあって……。

彼から辞めますって言われてはじめて、「給料上げるよ」って言ったんだけどまったくダメだった。後から考えると、「俺かっこわるいなぁ」って。だったら始めから出せよって。

後から考えると、「俺かっこわるいなぁ」って

岡本:うんうん。わかります。

亀山:それ以来、「価値のある者には見合う分を」ということで、最初にちゃんと出すようにしている。おカネのことについては、取引先とは交渉しても、一緒に働く社員には交渉しない。ウチの社員の給料は、最初にそれだけの覚悟をもって決めるようにしている。「辞めるから、出す」じゃない。後追いは格好悪いよね(笑)

次ページヤンキーの仕切り方!?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
クスリの大罪<br>製薬会社、医師、薬局…癒着の構図

薬の処方はどうやって決まるのか。「病状」だけだと思ったら大間違いだ。製薬マネーを介した癒着の構図を明らかにし、学会有力者への謝礼金リストを初公開。ムダな薬による深刻な健康被害にも言及。その薬、本当に必要ですか?