DMMの「帝王」は昔、寝てばかりの若者だった

モンストで再起した男と語る仕事、カネ、未来

岡本:ただ見た目に反して、周りの大人には「ちょっと悪いぐらいが大成するんやけんね~」と慰められながら育ちましたね。僕の方は。

亀山:悪かったの?

岡本:悪いと言われることは、大抵やってましたね。

亀山:ゲームとかは?

岡本:実は全く興味なくて。亀山さんの学生時代は?

とにかく寝てばかり、何もしていなかった高校時代

亀山:俺はなんにも考えていなくて、とにかく寝てばっかり。高校卒業後に東京出てきたのも、みんな行っているからという理由だったし。税理士の専門学校に通ってたのも、なんとなく稼げそうだから。でも高校時代何もしていなかったぶん、結構真面目に頑張ってたかな。不良の岡本さんと違って(笑)

岡本:いやいや(笑)。これでも創造社デザイン専門学校時代は、最優秀賞貰えるくらい、ちゃんとやってましたよ。なんでもとことんやらないと気が済まないので、悪いことも勉強も真面目にやる。

何がどうなるかわからんちゅうことですよ

亀山:俺も真面目にやってたんだけど、ある日専門学校の先生から「今から税理士やっても儲からないよ」ってアドバイス受けて、その日にやめちゃった。で、バックダンサーやったり居酒屋で深夜まで働いたり。でそのとき、夜中まで仕事しててたまたま六本木駅で始発を待っている時に、知り合ったおばちゃんから露天商の仕事教えてもらって「どうやってやるんすか、教えてください!」って弟子入りして。そんな感じだね。露天商の話は、尾ひれがついて「アヤシイ外国人に弟子入り」みたいな感じになってるけど、「アヤシイおばちゃん」ね。

露天商で人気キャラを描いた皮布のキーホルダーとか売って、それから姉に呼ばれて石川の実家に帰って、雀荘とかバーとかいろいろやりながらレンタルビデオ屋を始めて、今はDMMという会社で、取り仕切り役をやらせてもらっています(笑)

次ページどんどんハマって、とことん仕事した
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。