DMMの「帝王」は昔、寝てばかりの若者だった

モンストで再起した男と語る仕事、カネ、未来

岡本:ただ見た目に反して、周りの大人には「ちょっと悪いぐらいが大成するんやけんね~」と慰められながら育ちましたね。僕の方は。

亀山:悪かったの?

岡本:悪いと言われることは、大抵やってましたね。

亀山:ゲームとかは?

岡本:実は全く興味なくて。亀山さんの学生時代は?

とにかく寝てばかり、何もしていなかった高校時代

亀山:俺はなんにも考えていなくて、とにかく寝てばっかり。高校卒業後に東京出てきたのも、みんな行っているからという理由だったし。税理士の専門学校に通ってたのも、なんとなく稼げそうだから。でも高校時代何もしていなかったぶん、結構真面目に頑張ってたかな。不良の岡本さんと違って(笑)

岡本:いやいや(笑)。これでも創造社デザイン専門学校時代は、最優秀賞貰えるくらい、ちゃんとやってましたよ。なんでもとことんやらないと気が済まないので、悪いことも勉強も真面目にやる。

何がどうなるかわからんちゅうことですよ

亀山:俺も真面目にやってたんだけど、ある日専門学校の先生から「今から税理士やっても儲からないよ」ってアドバイス受けて、その日にやめちゃった。で、バックダンサーやったり居酒屋で深夜まで働いたり。でそのとき、夜中まで仕事しててたまたま六本木駅で始発を待っている時に、知り合ったおばちゃんから露天商の仕事教えてもらって「どうやってやるんすか、教えてください!」って弟子入りして。そんな感じだね。露天商の話は、尾ひれがついて「アヤシイ外国人に弟子入り」みたいな感じになってるけど、「アヤシイおばちゃん」ね。

露天商で人気キャラを描いた皮布のキーホルダーとか売って、それから姉に呼ばれて石川の実家に帰って、雀荘とかバーとかいろいろやりながらレンタルビデオ屋を始めて、今はDMMという会社で、取り仕切り役をやらせてもらっています(笑)

次ページどんどんハマって、とことん仕事した
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。