極論すると今は「革命前夜」なのかもしれない

非エリート階層が英国EU離脱で気づいたこと

英国でデモを繰り返すEU残留派。英国の行方は混沌としているが、今回の国民投票によって「非エリート」が団結すれば政治が変わるということがわかった(写真:ロイター/アフロ)

6月23日からすでに時間が経ったが、英国がEU「離脱」を選択したことは多くの人々に衝撃を与えた。特に市場関係者の間では、「離脱」は経済的にはメリットがほとんどないと考えられていただけに、マーケットの動揺も大きかった。

「非エリート」は自分で自分の首を絞めた?

ネット上でよく見かける、いわゆる「エリート」側からの批判は「経済問題を正確に理解していない情弱な層が、離脱支持派議員のデマゴーグに騙されて離脱を選択してしまった」というものだ。しかも、「欧州へのアクセスを失うことで、多くの企業が英国から拠点を移すため、職が失われ、結果的に離脱を選択した情弱な層が最も苦しむことになる」と言ったものだ。

つまり、非エリートは自ら墓穴を掘っているというわけだ。しかし、こうした批判こそ、「エリート」側がいかに現実に無理解であるかを示しているのではないだろうか。「エリート」側も「非エリート」側がハッピーになる答えを提示できていないのだ。

トマ・ピケティの分厚い著作『21世紀の資本』が昨年ベストセラーとなったように、99%とも言われる、いわゆる「非エリート」層が没落し、1%の「エリート」層だけが富を増やしていく、この社会の仕組みが問題となっている。しかし、自由な市場で競争している以上、労働者側への配分を手厚くすると企業は市場で負けてしまうし、一つの国が労働者側へ過度の配慮をすれば、企業そのものがその国からいなくなってしまう。結局「非エリート」は、単なる生産コストとして、安い労賃に甘んじなければならない。

特に英国の場合、生活水準の低い東欧から大量の移民が入国することで状況がより一層厳しくなる。公共サービスの質の低下は著しく、公共病院は数時間待ち、英語を話せない児童が教室に何割もいるという。

次ページ「非エリート」の選択は正しかったのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。