LINEの稼ぎ頭はゲームです

ユーザー1億人突破!キーパーソンが語る裏側【第3回】

13年もまだまだ伸びる

――日本でまだ伸びる?

まだまだ伸びます。これまで爆発的に伸びてきましたが、2013年はもっといくでしょう。スマートフォンの出荷台数とLINEのユーザーの伸びというのは、イコールになってきていますから。

――ユーザーは1億超えが目前に迫っていますが(注:取材は昨年12月時点)、例えば5億超えはわりと短いスパンで達成できそうですか?

5億は相当大きいですね…。ただ、ここまでも自分たちで想像してきたスピードよりも早く、世の中の皆様にお使いいただいているので、われわれ自身どこまでいけるかを楽しみにしているというのが、本音です。目標設定は当然しないこともないのですが、それよりは、どのスピードでわれわれが目指している世界ナンバー1までいけるか。1日でも早いに越したことはないと思っていますから、引き続きアクセルを踏んでいきたいなと思っていますね。

(撮影:梅谷 秀司、大澤 誠)

※ この連載の続きはこちら:

(第4回)LINEの成功、ガラケーでの失敗が生きた

(第5回)LINEは事業計画をほとんどつくらない

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。