LINEの稼ぎ頭はゲームです

ユーザー1億人突破!キーパーソンが語る裏側【第3回】

13年もまだまだ伸びる

――日本でまだ伸びる?

まだまだ伸びます。これまで爆発的に伸びてきましたが、2013年はもっといくでしょう。スマートフォンの出荷台数とLINEのユーザーの伸びというのは、イコールになってきていますから。

――ユーザーは1億超えが目前に迫っていますが(注:取材は昨年12月時点)、例えば5億超えはわりと短いスパンで達成できそうですか?

5億は相当大きいですね…。ただ、ここまでも自分たちで想像してきたスピードよりも早く、世の中の皆様にお使いいただいているので、われわれ自身どこまでいけるかを楽しみにしているというのが、本音です。目標設定は当然しないこともないのですが、それよりは、どのスピードでわれわれが目指している世界ナンバー1までいけるか。1日でも早いに越したことはないと思っていますから、引き続きアクセルを踏んでいきたいなと思っていますね。

(撮影:梅谷 秀司、大澤 誠)

※ この連載の続きはこちら:

(第4回)LINEの成功、ガラケーでの失敗が生きた

(第5回)LINEは事業計画をほとんどつくらない

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドラッグストア再編第2幕<br>マツキヨ+ココカラに続くのは…

スギHDが先手を打ったココカラファイン争奪戦は、マツモトキヨシHDの勝利で決着。1月をメドに新たなトップ企業が誕生します。数年内に3社程度への集約が見込まれる次の再編の焦点は? 首位を追われるツルハHDのトップ直撃も。