「子なし夫婦」のなかなか理解されない実態

少子化対策の大義名分が彼と彼女を苦しめる

子どもを持たない選択はなかなか理解されない。職場では「よほど子どもができにくいのか」と心配され、上司には飲み会の席で「悩みがあったら打ち明けてもいいんだよ」と気遣われた。

学生時代の友人に「子どもが欲しくない」と話したら、汚らわしいものを見るかのようなまなざしを送られた。彼女は独身だったが、家族との結びつきが強く、「子どもは幸せの象徴」と信じて疑わなかったのだ。子どもがいる友人には出産を強く勧められた。「子どもが持てる環境なのにその考えはない。持てる者と持たざる者でいえば、持たざる者になってしまうよ」。その友人とは次第に疎遠になってしまった。

人生は自分で決めるもの

何よりも苦しいのは「親不孝ではないか」という罪悪感だ。自分は親に大切に育ててもらったのに、それを仇にして返すつもりなのか?夫は自分の両親や親戚に、毅然とした態度で「子どもを持たない選択」を主張するけれど、もしかしたら冷たい人なのではないか?

「週刊東洋経済」は定期購読者向けのオリジナルサイト「週刊東洋経済プラス」をオープンしました。「東洋経済ID」でログインすると最新号の一部記事を無料で読むことができます

そんな気持ちを英会話学校で話したら、米国人の男性教師に「人生は自分で決めるもの。なぜ親が関わるの?」と言われ、はっとした。夫とはこうした心情も、包み隠さず打ち明けてきた。「自分の人生は自分で責任を取る」という、根っこの考えは夫婦で一致している。

もちろん今後子どもを持ちたいと考えが変わる可能性はある。3カ月に一度、避妊用のピルを取りに行くときに「いいよね」とお互いの意志を確認するようにしている。

子どもがいない家庭の事情はさまざまだ。価値観が多様化する中、少子化対策という大義名分を振りかざすだけでなく、子どもを持てない、持たない夫婦が肩身の狭い思いをしなくてすむ社会にしていくことも必要なのではないだろうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT