琉球大エリートは、なぜ風俗嬢になったのか

彼氏からの激しすぎるDVが秀才を破壊した

同棲する彼氏に恋人が何人もいて、経済的には依存されている。不満が溜まって、当然ケンカになる。暴力も始まった。

「そのころからアルコール依存が始まった。私、酒癖悪い。酔うとグダグダグダグダ文句を言うみたいで、彼氏にそのままお風呂場連れて行かれたり、髪の毛つかまれて水漬けにされたり。トイレの中に頭を突っ込まれたり。すごくストレスが溜まる生活でした。アルコールと眠剤に逃げるようになって、眠れないし、朝から晩までお酒を飲むようになった。頻繁に記憶がなくて暴れたり、救急車で運ばれたりみたいなことを起こすようになって、最終的にはアルコールで入院するまでになって、今も治っていないです」

精神病院に入院中に妊娠が発覚した。彼氏に伝えると、「堕ろせ、俺、お金ないけど」の一言。順調にいっていれば、大学4年の冬。実家の両親が娘の惨状に初めて気づき、実家に連れ戻された。

「産んでいたら、どうなっていただろうって、今でも思う。あのときはもうボロボロで、1日中アルコールが抜けていない状態だった。もし子供を産んでいたら、アルコール抜くことができたのかな、とか。私も彼氏もお金がないから、手術代は親に出してもらった。付き添いは母親がしてくれて“本当にいいの?”って言われた。けど、彼氏はどこかに行っちゃっているし、どうにもならない。サインしたとき、泣きました」

アルコール依存で自力で立てない

アルコール依存でいまだに手が震える

新垣さんは、実家でずっとお酒を飲むようになった。手が震えるようになって、最悪のときは自力で立てなくなった。立てないときは、トイレに這うように向かう。大学は2度目の留年が決まり、琉球大学を退学した。

「私があまりにも壊れちゃっているから、親はもう諦めている。たぶん、生きていればいいかって感じだと思う。アルコール依存と、引きこもり。キャバクラで働いているとき、手が震えだしたから危ないなと思ったけど、本当に自分がアル中になるとは思わなかった。段階がある。出勤前に飲むのが普通になって、次はお昼から飲むのが普通になって、エンドレス。お金がないので、お酒代に困るんですよ」

精神状態と体調が悪い、彼女は今もその日にならないと働けるかわからない。退学してもキャバクラは続けたが、無断欠勤、遅刻ばかりだった。店長に「飲み屋は無理じゃないか。時間の融通がきくソープしかないんじゃないか?」と提案された。新垣さんは、ソープ嬢になった。

次ページこれ以上飲むと死ぬ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT