琉球大エリートは、なぜ風俗嬢になったのか

彼氏からの激しすぎるDVが秀才を破壊した

連れ戻されて、実家で暮らすようになって5年が経った。「これ以上、酒を飲むと死ぬ」と診断されている。毎日、お酒の誘惑と格闘しながら、体調がいいときは家事手伝いをして、自由出勤を許されているソープランドに電話をする。そして出勤できる時間に、出勤する。

ソープランドでは1日働けば、2万円にはなる。実家暮らしで、家から出ないので、お金を使うのはお酒とタバコくらい。稼いだ2万円で1週間~10日間を過ごし、お金がなくなったらまた出勤する。そんな生活が5年間続いている。

「最初のDVでおかしくなってから、あまり自分を大切にするみたいな感覚はなくなった。だからソープで働くことは、何とも思っていないです。親にバレるのが怖いくらい。毎日、なんとか生きているだけ。キャバとかソープで知り合った友達も、みんな旦那とか彼氏に暴力ふるわれているし、結婚とか考えられない。親は“私たちが死んだら、あんたどうするの?”って言うけど、こんなになっちゃったし、もう仕方がない。なるようになるだけ、です」

米軍相手のデリヘルか、上京してキャバか

沖縄にもスカウトマンがいる。国際通りや松山に出かければ、細身で美人の彼女は声をかけられる。スカウトマンは女性たちの事情をよく聞く。琉球大学中退で簡単な英会話ができる彼女は、今、沖縄中部にある米軍専門のデリヘルで働くか、上京してキャバクラか風俗をしながら、ひとり暮らしすることを薦められている。嫌なことがあった沖縄を出て、環境を変えたほうがいいのでは?という提案だ。

「確かに、このまま自宅に引きこもっていても、何もないことはわかっている。環境を変えてイチからやり直すのもいいかな、とは思っています。大学2年までは、自分のことダメと思ったことは一瞬すらなかった。けど、“お前はダメだ、お前はダメだ、お前はダメだ、お前はダメだ、お前はダメだ”って殴られながら言われ続けて、1000回くらい同じことを言われたら、“私ダメだ、私ダメだ、私ダメだ”ってなる。洗脳されちゃう。本当にこんな、ただ生きているだけのダメな人間になっちゃった」

新垣さんはもう限界といった様子で、ビールを注文した。止めようかと思ったが、何も言わなかった。確かにグラスを持つ手が、少しだけ震えている。暴力と暴言によって、健康体の優秀な女性が本当に壊れてしまう。DVの恐ろしさを目の当たりにした。

「ひとりで東京に行くのは今の状態じゃ無理。米軍相手の店で働いて、段階的に違う景色の場所に行ければとは思う。だから、そろそろ引きこもりは卒業するかも」

新垣さんの諦めた表情は変わらなかったが、最後に少しだけ前向きなことを言ってくれたのが救いだった。

本連載では貧困や生活苦でお悩みの方からの情報をお待ちしております(詳細は個別に取材させていただきます)。こちらのフォームにご記入ください。

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT