琉球大エリートは、なぜ風俗嬢になったのか

彼氏からの激しすぎるDVが秀才を破壊した

当時、大学の近くでひとり暮らし。学費は親が払い、家賃と生活費は毎月6万円が振り込まれる第一種奨学金と、アルバイト。飲食店と塾講師を掛け持ちして月10万円ほど、学業とアルバイトの両立はできていた。大学3年の春。新しくできた恋人が転がり込み、同棲をするようになった。

「最初は優しかったし、一緒にいて楽しかったので付き合ったけど、まず金銭的に依存してきた。給料が少なくてお金がないっていつも言っていて、食費とか遊びに行くお金とか全部私が払ってました。クルマの免許も事故で免許取り消しになって、送り迎えとか全部させられた。私もお金と時間が足りなくなって、大学3年から第二種奨学金を毎月12万円のフルで借りた。奨学金は全部彼氏に持っていかれるみたいな状態です」

彼氏は職場への送り迎えから、食事、デート、彼女がなんでも面倒みてくれることを望んだ。なにをしてあげても、それが当たり前のことと思っていた。大学はゼミと研修が始まり、忙しくなった。アルバイトも週4、5日は働かないと、ひとり暮らしの学生生活は維持できない。「バイトもあるし、もう、送り迎えはできない」と言ったとき、彼氏の暴力がはじまった。

アザだらけで半袖は着られない

精神安定剤が手放せない

「蹴る、殴る。蹴る、殴るです。日常的に殴られるようになった。とにかく恐ろしかった。レポートやりたいって言っても、“はっ? まだ話終わってないし”って、やらせてもらえない。彼氏が怖くて時間を作れるように飲食店をやめて、時給のいいスナックで働き始めた。けど、今度は客に嫉妬されてもっとDVはひどくなった。カラダはあざだらけ、半袖のシャツは着ることができないくらい」

新垣さんだけではなく、沖縄の風俗や水商売界隈で働く女性たちは、必ずって言っていいほど恋人によるDVの話をする。それは、どの程度の暴力か。トラウマになっているのか、当時の暴力の話になると、さらに言葉が聞き取りづらくなる。

「私が運転しているときに暴れて、クルマの窓ガラスを割るとか。運転中にガンガンって殴って、視力かなり悪いけど、殴られてコンタクト取れて何も見えないのに、そのまま運転しろとか。どうして別れなかったかというと、半同棲なので家は知られているし、実家もバレちゃっているから逃げられない。一度、殺されると思ったとき、警察を呼んだの。殴られておしっこを漏らしちゃった。恐怖で漏らすってよく言うじゃないですか、それは本当のこと。コンビニでパンツを買ってくるって言って、そこから通報した。私と彼氏が事情を聞かれたけど、警察には“スナックで働いているあなたが悪い”って言われました」

次ページ暴言と暴力の毎日で……
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT