トヨタ、計330万台規模を世界でリコール

プリウスなど全7車種

 6月28日、トヨタ自動車は、燃料装置やエアバッグ装置の不具合を理由に、世界で合せて330万台規模のリコール実施を発表した。写真はトヨタのロゴ、16日撮影(2016年 ロイター/Erik De Castro)

[ワシントン/東京 29日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は29日、燃料装置やエアバッグ装置の不具合を理由に、世界で合せて330万台規模のリコール(無償回収・修理)を実施すると発表した。

燃料装置の不具合でリコールとなるのは、プリウスなど全7車種で約286.8万台。このうち国内でリコールとなるのは約155万台。燃料蒸発ガス排出抑制装置の形状が不適切なため、使用する過程で亀裂が出る可能性があるという。

また、同社は28日遅く、エアバッグ装置の不具合を理由に、世界で販売するハイブリッド車約143万台のリコールを発表していた。対象は2010─2012年モデルの「プリウス」と「レクサスCT200h」。うち国内のリコールは74万3000台。トヨタによると、米国でのリコール台数は48万2000台で、問題となったエアバッグインフレーターはタカタ<7312.T>製ではない。

今回の2件のリコールでは、1台で両方の不具合がある例が約93.2万台あるため、両方を合せたリコールの規模は330万台になるという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。