トヨタ、計330万台規模を世界でリコール

プリウスなど全7車種

 6月28日、トヨタ自動車は、燃料装置やエアバッグ装置の不具合を理由に、世界で合せて330万台規模のリコール実施を発表した。写真はトヨタのロゴ、16日撮影(2016年 ロイター/Erik De Castro)

[ワシントン/東京 29日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は29日、燃料装置やエアバッグ装置の不具合を理由に、世界で合せて330万台規模のリコール(無償回収・修理)を実施すると発表した。

燃料装置の不具合でリコールとなるのは、プリウスなど全7車種で約286.8万台。このうち国内でリコールとなるのは約155万台。燃料蒸発ガス排出抑制装置の形状が不適切なため、使用する過程で亀裂が出る可能性があるという。

また、同社は28日遅く、エアバッグ装置の不具合を理由に、世界で販売するハイブリッド車約143万台のリコールを発表していた。対象は2010─2012年モデルの「プリウス」と「レクサスCT200h」。うち国内のリコールは74万3000台。トヨタによると、米国でのリコール台数は48万2000台で、問題となったエアバッグインフレーターはタカタ<7312.T>製ではない。

今回の2件のリコールでは、1台で両方の不具合がある例が約93.2万台あるため、両方を合せたリコールの規模は330万台になるという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT