英国のEU残留支持52%、離脱支持48%

調査会社イプソスモリ社の最新世論調査

6月23日、調査会社イプソスモリの世論調査によると、英国のEU残留を支持する人は52%、離脱を支持する人は48%だった。ロンドンで撮影(2016年 ロイター/STEFAN WERMUTH)

[ロンドン 23日 ロイター] - 調査会社イプソスモリの世論調査によると、英国の欧州連合(EU)残留を支持する人は52%、離脱を支持する人は48%だった。

イブニング・スタンダード紙が伝えた。

調査は、現地時間21日から22日午後9時(2000GMT)にかけて1592人を対象に実施した。

これを受け、ポンドは対ドルで上昇、6カ月ぶりの高値をつけた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT