女性部下をやる気にさせるマジックワード

”その一言”でチームは飛躍する

太田彩子です。新年あけましておめでとうございます。本年も「こちら営業部女子課」に変わらぬご厚誼を賜りますようよろしくお願い致します。

さて、年初めですね。皆さんも気持ち新たに、さらなる飛躍のために精進しようと思っていらっしゃることでしょう。私たち営業部女子課に集まる女性も、「今年こそMVP賞を獲得します!」「社内人脈を広げて新規事業を立ち上げます!」など、希望と決意で胸を高鳴らせキラキラしています。

実は一番難しい?女性の目標設定

一方、男性上司の皆さんにしてみれば、この「目標設定」や「目標管理」、一筋縄ではいかないようで、結局未達成のまま、「やっぱりアイツはやる気がないんじゃないか?」と苛立つ方も多いようですね。

あるITサービス企業勤務の課長は「あのときは提示した目標に対して『やります』と素直に聞き入れたのに、その後目立った成果も出ず、相談にもこない。『大丈夫か?』と訊いても『大丈夫です』と返答されるのみ。何を考えているのかさっぱりわからない…もうゲンナリ…」と、新年早々、落胆の声を漏らしているようです。ちょっとかわいそうですね。

はたして現場では、何が起こっているのでしょうか?営業部女子課でよくある、ガールズトークの一部に耳を傾けてみましょう。

次ページ”懐古談上司”になっていませんか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。