中国式グローバルエリートの育て方

4カ国語をしゃべれるのは当たり前

日本にもエリート教育が必要

中国の大企業は国営企業か、もしくは民間の起業家が起こした同族会社が多く、いずれにせよ日本やアメリカのサラリーマンによる集団的企業経営とは経営手法がだいぶ異なります。しかし、閉塞状況を打破できない日本の企業を見ていると、トップの構想力やリーダーシップの欠如が停滞の大きな原因の1つになっていると思わざるをえません。

民主主義に反するように聞こえるかもしれませんが、強いリーダーを生むためには意図的なエリート教育が必要だと思います。器の大きな若い候補者を選抜し、本人たちに将来のリーダーたることを自覚させ、一級の教育機関での学びとビジネス現場での経験・成長の機会を与えて徹底的に鍛える。そうしなければ、日本の次世代を担うリーダーは出てこないのではないでしょうか。

将来へ向けた明確なビジョンが描ける。その実現のために必要なリソース、特に優れた人材を引き付け、陣頭に立って彼らを激励・鼓舞する。屈強な精神と柔軟性を持って自ら意思決定し責任を引き受ける。そして英語や中国語でグローバルへ向けて企業理念やビジネスプランを発信していく。そんなリーダーが次々に出現することを願い、そのためのお手伝いをしていきたいと思う今日この頃です。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。