NASAリーダーシップ訓練に学ぶ、決断力

日本の宇宙飛行士、世界トップを狙え

油井のチームはヨーロッパ宇宙機関(ESA)、NASA、日本の宇宙飛行士が6人と地上の管制チームから2人、インストラクターが2人、合計10人の多国籍編成だ。米国アラスカ州アンカレッジから南東に約50km離れたプリンスウィリアム湾で8日間、毎日リーダーと目的地を変え移動する予定だった。

ところが油井たちが訓練を開始してから悪天候が続き、終日カヤックをこいだのはこれまでのところ1日だけ。そのほかの日は1カ所に留まっていた。油井がリーダーを務めるのは実質訓練の最終日であり、計画どおり移動できる可能性があるのはこの日だけだった。チームは日程的に切羽詰った状況にあった。

当日の朝、油井はメンバーの誰よりも早く起きた。期待に反して雨が降り続いている。9月というのに気温は5度。目の前の海には氷が浮かび、真冬のような寒さに身体が震える。

油井に起こされ、外を見たメンバーは、「こんな悪天候でカヤックがこげるわけがない」と見るからに士気が低かった。そこで、油井はリーダーとしてミーティングを開くことにした。

「今は雨が降っているが、天気予報の情報と海上を観察した結果、予定どおりの行程を進むことは可能と考えられる。しかし皆の士気は現在、あまり高いとは言えない。長距離の移動になるうえ、不確定要素も多いので、士気が低いと別の危険を誘発する恐れがある。予定どおり移動するべきか、この場にとどまるべきか、皆の率直な意見を聞きたい」と切り出す。

リーダーの役割とは何か

案の定、メンバーの意見はバラバラだった。

「雨も風も強く危険が迫っているのだから、テントの中で話をしながらチームビルディングをすればいい」という意見も出た。もちろん、とどまるほうが判断事項も少なく、正直言えば楽なのは間違いない。だが、あるメンバーから議論の流れを変える発言が出る。

「テントの中で話をするなら、(訓練本拠地の)ヒューストンにいるのと同じだ。俺たちはカヤックの訓練を通じて、チームワークを向上させるためにここに来ているんだ」と。

NOLS訓練に参加する油井飛行士 
出典:JAXA

それから積極的な意見が出始める。油井も、

「もし、途中で危険な状況になっても代替プランはたくさんある」とサポートする。
一通り意見が出尽くすとメンバーが油井の顔を見た。リーダーの決断を待っているのだ。そこで油井が決断を下す。

「それでは、困難にチャレンジしましょう。荷物の積み込み開始は0930(9時30分)!」

その後のメンバーの動きは早い。目的がひとつの方向に定まり、自分の役割が明確になれば、期待以上の成果を出すのだ。

次ページNASAだって最初は苦戦した
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT