NASAリーダーシップ訓練に学ぶ、決断力

日本の宇宙飛行士、世界トップを狙え

NOLS訓練は現在、NASAのすべての宇宙飛行士に必須の訓練だ。若田は特にこの訓練の重要性を認識し、自分の息子にも参加させたいとも語っている。2001年に夏山登山に参加したときは訓練直前に40度近い発熱を経験しながら自己管理し、仲間に助けられ登頂を果たした。

苛酷だったのが2006年の冬山登山だ。気温マイナス数十度、積雪約150cmの雪山でクロスカントリースキーをはき荷物を載せたそりを引き、重いリュックを背負って急傾斜を登る。宿泊用雪シェルターも自力で約5時間かけて作る。気力、体力は極限に近い。

日本のエース、若田飛行士もリーダーシップ訓練の重要性を認識している 
出典:NASA

しかも若田がリーダーとなった日の移動中、視界が遮られるほどの雪嵐がおこり、気温が低下。メンバーに凍傷の危機が迫った。「これ以上、進むべきでない」という意見が出る。出発から約1時間が経過し、引き返せば、翌日はさらに移動距離が増える。

「引き返すか否か」――。メンバーの意見は割れた。だが議論に時間はかけられない。若田氏は手短に皆の意見を募った結果、引き返すことを決断。足に怪我を負ったメンバーがいたからだ。宇宙で何よりも最優先されるのは「安全」、次に「ミッション達成」が来る。

どんな極限状況にあっても優先順位を間違えないこと、ぶれないことの重要性は、頭ではわかっていても実践できるとは限らない。だからあえて厳しい環境で身をもって学ばせる。

追い込まれたリーダーが正しい判断を下せるか。そしてチーム全員に納得させることができるか。これらが重要なのは、ビジネスパーソンのチームにとっても同じだろう。

日本人が今後、世界に活動の場を広げ、多国籍チームでリーダーシップをとる場合、どのような意思決定のプロセスを取れば、チームをうまく運営できるか。宇宙飛行士のリーダーシップ訓練は、その重要性を教えてくれるのだ。(=敬称略=)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT