数千匹の犬を殺す中国「犬肉祭り」が準備佳境

愛護団体は1100万の反対署名で抗議

6月20日、中国南部の広西チワン族自治区玉林市では、21日から始まる毎年恒例の「犬肉祭り」に向け、市内のレストランなどが準備に追われている。写真は祭りに反対する活動家。北京で10日撮影(2016年 ロイター/KIM KYUNG-HOON)

[玉林市(中国) 20日 ロイター] - 中国南部の広西チワン族自治区玉林市では、21日から始まる毎年恒例の「犬肉祭り」に向け、市内のレストランなどが準備に追われている。

「犬肉祭り」では、数千匹の犬が殺されるとみられており、動物愛護を訴える団体は廃止を強く求めている。動物愛護活動家は今月、「犬肉祭り」に抗議する1100万人の署名を集め、中国当局に提出した。

祭りは地元住民にとって「誇りの源」とされるが、愛護団体の抗議行動を受けて国内外で注目が高まっていることもあり、今年は有名な犬肉レストランやマーケット付近には警察官の姿が目立つという。一部のレストランの間では、看板から犬肉という文言を外す動きも出ている。

玉林市当局は「犬肉祭り」について、民間が行っているものであり政府は支援していないと強調、祭りから距離を置く姿勢を示している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT