アベノミクスは、国債市場の安定を崩すのか

市場動向を読む(債券・金利)

そして、その際に「金融政策」の役割として重要なのは、「金融政策」が拡張的な「財政政策」を助長するという点においてである。すなわち、中央銀行が政府債務のファイナンスを肩代わりしてくれることに、政府が安住し、一段と拡張的な「財政政策」を指向するようになることこそが、いわゆる「マネタイゼ-ション」の最大の問題点であると言えよう。逆に、そういう構図における中央銀行の国債購入こそが「マネタイゼ-ション」の実質的な定義であると言ってよい。

債券投資家が注目する重要テーマは「再乗換」

例年より1~2カ月遅れでの編成となる来年度当初予算の編成においては、国債発行における隠れた重要テーマとして、日銀が国債の「再乗換」にどの程度応じるのかというポイントがある。

日銀は、国債の買い切オペ(輪番オペ)で市場から購入している長期国債について、政府からの償還時に慣習的に1年物TB(財務省短期証券)を政府から直接引き受けて1年だけ政府からの現金償還をロールオーバーしている。これは日銀乗換(のりかえ)と呼ばれている。通常これは12兆円以下の規模だが、2012年度はたまたま17兆円弱にまで拡大(右表)、13年度はまた通常の水準に戻る予定である。12年度対比で日銀乗換が減少する分、来年度の市場での国債発行額は増大することになる。

そして、毎年行われているわけではないが、日銀は通常の1年限定でのTBでの乗換を更にもう一年ロールオーバーする「再乗換」を行うことがある。これは09年度以来行われていないが、今年度補正予算と来年度当初予算で国債の市場発行額が大幅に増加することを抑制するために、「再乗換」の実施が検討される可能性がある。

次ページマネタイゼーションが始まる!?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT