意外と知らない「自分の時給」はこう計算せよ

時間単価を知れば働き方、納得感が変わる

時間単価の計算は、イメージできたでしょうか。

なお、先ほど説明したように時間外労働の単価は時間単価の1.25倍ですが、休日労働だと1.35、深夜労働が0.25倍となります。そこにそれぞれの時間数を掛ければ合計の残業代が計算できるというわけです。

応用編、固定残業制の場合

3. 固定残業制の場合は、どう計算する?

ここからは少しだけ応用編です。会社によっては、給与処理を簡単にするために、残業時間によって変動する残業代を、毎月固定して支払うケースもあります。

たとえば、就業規則(給与規程)で「職務手当は、時間外手当20時間相当分として第○条の時間外手当に代えて支給する」と定めているようなケースです。

この場合で、例えば職務手当が5万円だとすると、残業代20時間分が職務手当5万円として、あらかじめ支払われていることになるので、別途残業代が支払われるのは、残業時間が20時間を超えた分からということになります。

ちなみに、毎月支払われる固定残業代が実際に決められた残業時間分になっているかの確認もできます。たとえば、上記でBさんのケースだとすると、Bさんの残業単価は2500円になので、5万円÷2500円=20時間となり正しいことが確認できます。

なお、固定残業代は残業代を定額で支払っているだけなので、時間単価を計算する際は、固定残業代を「毎月支払われる賃金」に含めないで、計算するので注意してください。

時間単価と残業代の計算方法、つかめてきましたでしょうか。

それぞれ、実際にどうやって計算されているのかわからない方も多かったのではないかと思います。月給制の場合は、時間単価を割り出す方法がわからなければ、そもそも残業代が正しく計算されているか確認することもできません。

冒頭のAさんも正社員となって時間単価が2倍になったようですが、自分自身の時間単価(時給)を知ることで、みなさんの働き方、納得感も変わってくるかと思います。

今度、給与明細をもらったときは、ぜひ自分の労働の対価を確認してみてください。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT