意外と知らない「自分の時給」はこう計算せよ

時間単価を知れば働き方、納得感が変わる

2.実際に計算してみよう

では、実際に時間単価と残業単価を算出して、残業代についても計算してみましょう。1日8時間、1週40時間を超えて残業すれば、原則は1時間につき時給を1.25倍に割り増しした金額がもらえます。

2人のケースを参考にしてみよう

■IT系の事務職Bさん(36歳)のケース
・月給41万円(基本給28万円、資格手当4万円、家族手当4万円、住宅手当2万円、通勤手当3万円)
・月平均所定労働時間は160時間
・1カ月の残業時間は10時間
【時間単価】32万円(基本給+資格手当)÷160時間=2000円
【残業単価】2000円×1.25=2500円
【残業代】2500円×10時間=2万5000円

 

になります。

■金融系の専門職Cさん(38歳)のケース
・Bさんと同じ月給41万円(基本給30万円+職能給8万円、通勤手当3万円)
・月平均所定労働時間は160時間
・1カ月の残業時間は10時間
【時間単価】38万円(基本給+職能給)÷160時間=2375円
【残業単価】2375円×1.25=2969円
【残業代】2969円×10時間=2万9690円

 

月給41万円で給与はまったく同じBさんとCさん。でも、手当の内訳で、Cさんのほうが残業単価は約500円も高く、残業10時間で5000円の差がつくことになります。家族手当や住宅手当は、業務とは直接関係のない属人的な理由等で支払われている賃金なので除外されるわけですが、月給の内訳で時間単価も変わってくるため、要チェックです。

次ページ固定残業制の場合はどうする?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT