意外と知らない「自分の時給」はこう計算せよ 時間単価を知れば働き方、納得感が変わる

印刷
A
A

1.時間単価はこうすればわかる!

まずは、アルバイトでいう時給、つまり時間単価を割り出す方法を実際に見ていきましょう。これは、以下の式で計算することができます。

時間単価=毎月支払われる賃金÷月平均所定労働時間

「毎月支払われる賃金」とは、基本給だけでなく、役付手当など毎月もらえる金額も含めてのものです。

ちょっとややこしいのですが、「毎月支払われる賃金」から除かれる賃金が法令で7つ決まっています。つまり、額面通り、単純に月給=「毎月支払われる賃金」というわけにもいかないのです。

具体的に除かれる賃金は、①家族手当、②別居手当、③住宅手当、④通勤手当、⑤子女教育手当、⑥1カ月を超えるごとに支払われる賃金、⑦臨時に支払われる賃金になります。これらの賃金が、支払われていれば「毎月支払われる賃金」は少なくなります。

なお、これらの賃金は、名称ではなく実態で判断されるので、たとえば、「家族手当」は家族の有無や人数に応じて支給されるのですが、独身で家族もいないのに家族手当が毎月2万円支払われているようなケースは、たとえ名称が家族手当であっても、実態が家族手当に該当しないので、2万円を除外せずに計算することになります。

「月平均所定労働時間」はこう割り出そう!

次に、「月平均所定労働時間」ですが、これはどう割り出せばいいでしょうか。

これは労働契約上、毎月働かなければならない平均時間のことで、会社のルールブックである「就業規則(給与規程)」で確認できます。

たとえば1日の所定労働時間8時間、完全週休2日制で祝祭日が休日の会社は、月に160時間前後になります。1日の所定労働時間が短く、休日が多いほど、「月平均所定労働時間」は短くなり、それだけ時間単価も高くなります。

なお、「就業規則(給与規程)」で具体的な数字が記載されていない場合は、少し面倒ですが「365日-所定休日×所定労働時間÷12」で計算することもできます。

次ページでは、計算をしてみましょう
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT