LINE上場で「東証マザーズ」バブルに拍車?

いまや東証1部よりも「大盛り上がり」

足元のマザーズ市場の商い増加の背景には、こうした将来の先物取引実施を想定した投資家による買いが入っている可能性はある。

実際、マザーズ先物がどれだけの売買高となるかは、7月に始まってみなくてはわからない。日経平均と異なり、カバレッジされている銘柄が少ない市場に、海外投資家がどれだけ投資資金を振り向けるかは謎だ。全ては始まってみなくてはわからないが、市場が注目する大きなイベントであることは間違いない。

そして、もう一つ、7月15日にLINEが東証1部もしくは2部に上場することが決定した。「上場するする」といって少なくとも1年超経っているが、ようやく上場する運びとなった。

7月のLINE上場で、相場過熱も?

市場から吸収する資金は約1000億円。昨年11月の郵政グループ3社の上場では1.4兆円を吸い上げたことから、これと比較すると小さい。

ただ、これまでの今年最大はアカツキの73億円だったことを考慮すると、大型上場といって間違いはない。なによりも、LINEだけではなく、その関連銘柄が多いことが今回の特徴だ。「LINEが上場する=関連銘柄の事業が拡大する」となるかどうかは微妙だが、少なくてもテーマ株の一つとして市場の話題となる。

結局、奇しくも7月は15日にLINE、19日にマザーズ先物、と2週続いてのビッグイベントとなる。1980年代後半のバブル相場では、NTTという目玉銘柄が上場したことで相場が過熱。そして、先物取引がスタートした後は猛烈な先物買いに呼応する格好で現物株が上昇する地合いとなった。当時と時代背景や規模は違うものの、こうした流れになる可能性もゼロではない。

上述の通り、個別銘柄ではきつい急落となった銘柄も見られるが、足元のマザーズ市場は、実はあれもこれも上昇する相場とはなっていないのも事実だ。

循環的な物色が続いていることから、まだ全体ではマザーズ市場はバブルではないと考える。LINEの上場が成功し、マザーズ先物がしっかりとした流動性を確保することができれば、マザーズ市場は、株が大好きな個人投資家には、まだまだ「稼げる」場所となりそうだ。
 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT