LINE上場で「東証マザーズ」バブルに拍車?

いまや東証1部よりも「大盛り上がり」

7月に決まったLINEの上場で、株のバブルに拍車がかかる?( 写真:PIXTOKYO / PIXTA)

「株価が1年で5倍、10倍になる銘柄が結構出ている。マザーズ市場はバブルではないのか?」最近、マーケットでよく耳にするフレーズだ。

バブルとは、ファンダメンタルズ、テクニカルなど理論では説明のつかない上昇のことを指すが、そもそもマザーズ市場は割安株(バリュー)ではなく成長株(グロース)がひしめく市場だ。

PER(株価収益率)などでは図ることができない銘柄の急騰を、バブルかどうか判断することは非常に難しい。もちろんバブルとしか表現できない値動きをする銘柄は多くあり、その意味ではバブル的になっているといえるが、筆者は「マザーズ市場全体では、まだバブルではない」と考える。それは7月にLINE(15日、東証1部もしくは2部上場予定)、19日にマザーズ先物がそれぞれ上場するからだ。

マザーズの規模は、東証1部の「100分の1以下」

まずは、足元のマザーズ市場の状況を見ていこう。中小型株がひしめくマザーズ市場は活発な売買が続いている。4月1日以降、代表的な市場である東証1部の1日当たりの売買代金の平均は2兆5559億円。最近では2兆円を割り込む日が少なくない。一方、マザーズ市場は1915億円だ。これだけ見ると10倍以上の開きがあることから、「マザーズ市場はそんなに活況なの?」と思うかもしれない。

東証1部上場の全銘柄とマザーズ上場の全銘柄を比較してみよう(データは全て6月10日時点)。銘柄数だが、東証1部は1957社。一方、マザーズは225社。時価総額は東証1部が495兆円。

一方、マザーズは4兆円。銘柄数を見る限り、さほど気になる点はないが、時価総額はいかがだろうか?マザーズは東証1部の100分の1以下だ。僅か4兆円の時価総額しかない「ちっぽけな市場」で、日々2000億円近い売買が繰り広げられている。ちなみに、同じ新興市場のJASDAQは、上場銘柄730社で、時価総額は7兆円。平均売買代金は僅か500億円だ。

次ページやはりマザーズはバブルなのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。