海外での「子どもの学校選び」はココが肝心

どこにする!?日本人学校、インター、現地校

だが、英語環境に入れればすぐに話せるようになるかと言ったら大間違い。親による学習面、精神面双方のサポートはかなり重要である。高学年になればなるほど勉強の内容も高度になり、日本にいる時の2~3倍もの時間をかける必要がある。当然子ども一人では難しく、親や家庭教師のサポートが必須だ。

前回のコラムでは母語確立の大切さについて述べたが、日本人学校以外の教育機関に通う場合は、日本語補習校等で日本語維持に努めることもお勧めしたい。

最後に現地校やインターナショナルスクールを選ぶ際の親の心得を挙げておく。

学校を選ぶ際の親の心得

・親が見本になる

親が積極的に英語を学び、海外の友人を作り、現地コミュニティや学校に溶け込む努力をしている家庭は子どもの環境適応も早い。親は日本人同士での付き合いばかりで子どもには「英語でしゃべりなさい」では、かえって生活への不適応を招く結果になりかねない。

・言語習得を焦らない

「子どもなら、子どもだから、すぐに言葉を身に付けるだろう」というのは間違った認識。子どもでも言語習得にはかなりの時間がかかる。会話言語でさえも不自由なく操れるようになるのは約2年かかると言われる。

・優先順位をつけ、守る

日本人は英語習得、現地校(インター)の学習、日本語保持、日本の学習、さらに受験勉強と、あれもこれも完璧にこなそうとする傾向が強い。能力やキャパシティ、時間には限度がある。無理のないスケジュールを組むことは、子どもの生活を豊かで実り多いものにするために大切である。

・精神状態について、つねに注意を払う

わからない言語環境にいきなり放り込まれ、長い時間を過ごすのは、大人でも苦痛だ。不適応やメンタル不全に陥る可能性もあること、そうなったときの対処の仕方をあらかじめ考えておこう。

どの学校を選ぶにしても、本人の意志と努力、両親のサポートと細やかな気配りは必要である。英語習得も大事だが、海外生活を楽しみ、心身の健康を保つことのほうがはるかに大切であることを忘れずにいたい。
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT